芳根京子、老婆役の池谷のぶえは「目が合わせられないくらいに怖かった」

2020年11月にNHK Eテレで「恐怖」をテーマに、ドラマ、朗読、アニメで構成されて制作された番組が「怖い絵本」だ。その実験的な手法はホラーファンだけでなく、多くの視聴者が注目をして人気となり、現在は「シーズン3」まで放送されている。

「怖い絵本」に出演する芳根京子【写真:(C)NHK】
「怖い絵本」に出演する芳根京子【写真:(C)NHK】

恐怖の10分間を描き出すEテレ注目ドラマ「怖い絵本」シーズン4に出演

 2020年11月にNHK Eテレで「恐怖」をテーマに、ドラマ、朗読、アニメで構成されて制作された番組が「怖い絵本」だ。その実験的な手法はホラーファンだけでなく、多くの視聴者が注目をして人気となり、現在は「シーズン3」まで放送されている。(取材・文=高橋マナブ)

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 その「怖い絵本」の新たな作品が、2022年1月7日午後10時30分より放送されることが決定した。

 若手俳優として大河ドラマ「青天を衝け」に出演をして注目を集めている板垣李光人が「えほん遠野物語かっぱ」を原作としたドラマを担当することが決定しているが、新たに女優の芳根京子が出演をすることも発表されている。

 この「怖い絵本」では、人気作家が絵本を作り、ドラマ部分や朗読を芳根が担当する。作品は「雪ふる夜の奇妙な話」。内容は、芳根が演じる主人公が雪山の中で老女と出会い、不思議な恐怖体験をするというものだ。

 今回、撮影場所の都内キャンプ場から、特別に芳根がインタビューに答えた。

 まず、「怖い絵本」への出演について芳根は、「今回の作品では1日で撮影が終わったのですが、そういった経験がいままでになかったので新鮮でした。ドラマだけでなく、朗読も行うという仕事が初めてだったので貴重な体験になりました」。また、「ホラーを見るのは苦手なのですが、実際に自分で演じてみると意外とセリフもノリノリで話していて楽しいと思いました」と語った。

「雪ふる夜の奇妙な話」で、芳根が特に怖かったのが共演した老婆役の池谷のぶえだったという。「池谷さんは、初めからただならぬ雰囲気をかもし出していて、本番中も目が合わせられないくらいに怖かったです。思わず早口になってしまったくらいに、恐怖を感じながら演じていました」と振り返った。

 朗読も担当した芳根は、「どういうふうにドラマの部分と朗読の部分がリンクしていくのか、でき上がりが非常に楽しみです。もしも、1人で見るのが怖いと思う人は、当日は芳根も一緒に見ていると思えば怖くないと思います!」と笑いながら話した。

 寒い中での撮影現場では、とにかく風邪をひかないように気をつけていたという芳根。2022年の抱負については、「毎年、去年の自分を超えようと考えているのですが、2022年はプライベートを充実させたいと思っています。何か、プロフィル欄に書けるような特技を探したいと考えていて、例えば料理を一生懸命にやってみて、得意なんですと言えるくらいまで上手になるのもいいですね」と明かした。

次のページへ (2/2) 【写真】陽気な雰囲気とは異なる芳根京子…ホラー作品で新境地を開拓した実際の写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください