SKE48・高柳明音が卒業直前に見せる大胆ショット 「ポイントは、肩と鎖骨(笑)」

SKE48・高柳明音のセカンド写真集「いつか、思い出したいこと。」(光文社)が3月4日に発売される。

(C)光文社
(C)光文社

写真集「いつか、思い出したいこと。」3月4日発売

 SKE48・高柳明音のセカンド写真集「いつか、思い出したいこと。」(光文社)が3月4日に発売される。

 高柳は2009年、SKE48の二期生としてデビュー。約11年間グループを牽引し、「ちゅり」の愛称で知られ、今春にグループから卒業することを発表している。

 撮影で訪れたのは、ベトナム最大の都市・ホーチミンと新興のリゾート地・ダナン、世界遺産の街・ホイアンの3か所。歴史のある街並み、そしてエネルギーに満ちあふれる現地の人との交流を通して、新しい道に進む1人の女性の意志が感じられる写真集になっている。

 アイドルらしい笑顔、28歳の女性らしいアンニュイな雰囲気に加えて、初めてのランジェリーショットにも挑戦。ファースト写真集「ちゅり」から約4年半、一段と大人になった高柳が感じられる。

 ベトナムでの撮り下ろし以外にも、約11年間のアイドル活動について、支えてくれたファンやメンバー、家族について、そしてこれから挑戦していく女優業について語った、1万3000字に及ぶロングインタビューが収録されている。また、SKE48のメンバーからのメッセージもあり、ちゅりちゃんに「最後の質問!」企画では、メンバーからの質問に高柳が一問一問丁寧に答えている。

 さらには、カメラが趣味の彼女が撮り続けたメンバーとのオフショット400枚を収めた、「ちゅりカメラBEST  SELECTION」も。写真1枚1枚にコメントをつけるなど、文字通り、彼女の歩みが詰まった1冊となっている。

 表紙写真は、ベトナムでの撮影最終日となる、女子旅で人気のダナンのホテルの部屋で撮影したものだ。最終日の朝、下着にラフなニットを羽織り、4日間に及んだベトナムの旅を窓辺で振り返っている、素の表情を捉えた。

 高柳は表紙写真について「とってもお気に入り! 着飾ってない等身大の私です。ポイントは、肩と鎖骨(笑)」とコメント。

 タイトルについて「いつか、思い出したいこと。SKE48での活動は、私にとって永遠に記憶の中で輝く時間です。楽しかったこと、嬉しかったこと、まだ思い出すのに勇気のいるつらかったことも、苦しかったことも、いつか思い出す日には、すべてが美しい思い出になっていると信じて。いつか周りの大切な人に、こんなことあったんだよって、思い出しながら話せたらいいな」と思いを語った。

次のページへ (2/2) 【画像】28歳のセクシーがあふれる表紙…大人への階段を駆け上がった高柳明音の実際の写真
1 2