「パラサイト」アカデミー賞作品賞受賞で石田ゆり子に感謝の声相次ぐ

女優の石田ゆり子が11日、インスタグラムを更新し、「第92回アカデミー賞授賞式」で作品賞を含む4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)について、心境をつづった。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

インスタグラムで心境を吐露

 女優の石田ゆり子が11日、インスタグラムを更新し、「第92回アカデミー賞授賞式」で作品賞を含む4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)について、心境をつづった。

 外国語映画が作品賞を受賞するのはオスカー史上初の快挙で、「歴史を変えた」「新時代の到来」と各国で称賛されている。

 そんな中、早くから同映画に注目していたのが石田だ。先月、パラサイトを鑑賞し「すごいものを観てしまった。衝撃と余韻。そして映画というものの可能性。映画館にいることを忘れて観客全員がスクリーンに吸い込まれていた。素晴らしい。拍手しかない」と興奮さめやらぬ様子で感想を投稿していた。

 それだけに受賞の喜びは大きく、パラサイトのパンフレットを手にする写真を掲載した石田は「パラサイトがアカデミー賞の作品賞を取った。ふだん、実のところあまり賞について深く考えてこなかった私でもこれが映画界におけるとてつもない事件なのではないかと感じるに至る。だけど、本来は言葉や国によって区別されることなく素晴らしいものは素晴らしい。素晴らしいからみんなで褒め称える。あたりまえのことだ」と主張。

「ポンジュノ監督 俳優陣の皆さん 制作に関わったすべての皆さん おめでとうございます。一俳優としてわたしもたくさんのことを思います。ほんとうに」と、心からの祝福を述べた。

 210万のフォロワーからは「ゆり子さんが、絶賛していたので、必ず見に行こうと思って、あれよあれよと時間が経ち、アカデミー賞を受賞 やっぱり素晴らしいのですね」「ゆり子さんが前に紹介してくださったおかげで、先日観にいくことができました」「パラサイトはゆり子さんの発信で知りました 有難う御座います」「ゆり子さんの言葉に後押しされ映画館へ行ってみてよかった!ありがとうございました」「自分も劇場で鑑賞しました」「ゆりこさんの影響で観ました!良かったです!」と石田に感謝する声が相次いでいる。

次のページへ (2/2) 【画像】「ゆり子さんの言葉に後押しされて」…ファンから感謝の声が相次いだ石田ゆり子の実際の投稿
1 2