石田ゆり子、堤真一主演「妻、小学生になる。」に出演 堤との2度目共演に「前回も夫婦でした」

女優の石田ゆり子が堤真一主演の2022年1月期のTBS系ドラマ「妻、小学生になる。」(毎週金曜、午後10時)に出演する。石田の他に娘役として蒔田彩珠、毎田暖乃も登場する。

「妻、小学生になる。」のキャスト集合カット【写真:(C)TBS】
「妻、小学生になる。」のキャスト集合カット【写真:(C)TBS】

堤真一主演、累計発行部数130万部を超える話題

 女優の石田ゆり子が堤真一主演の2022年1月期のTBS系ドラマ「妻、小学生になる。」(毎週金曜、午後10時)に出演する。石田の他に娘役として蒔田彩珠、毎田暖乃も登場する。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 同ドラマは、芳文社「週刊漫画 TIMES」に連載中の村田椰融(むらた・やゆう)による同名漫画が原作だ。累計発行部数(紙+電子)が130万部を超える話題作となっている。

 10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから物語は始まる。妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていたという夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻をたたかれ叱咤(しった)激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。そして、周囲の人間も巻き込みながら「生きること」に再び向き合おうとするちょっと変わったホームドラマだ。

 石田が演じるのは10年前に他界した堤演じる圭介の最愛の妻・貴恵。人気の洋食屋に勤めているシェフである。料理上手で、家族を心から愛し、手のかかる夫と娘の世話を焼く、家族にとって太陽のような存在だった。10年前に他界したが生まれ変わり、小学生の姿で現れる。

 蒔田が演じるのは圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣だ。もともと内向的な性格だったが、母が突然亡くなり、母から生きる術を学べないまま大人になってしまっているという役どころ。高校卒業後は就職したものの、現在は無職の20歳である。恋愛にも消極的で、自分の人生を歩まなければいけないと分かってはいるが、将来に夢や希望を持てないでいるのだ。

 毎田は10年前に他界した貴恵の生まれ変わりの白石万理華を演じる。10歳の誕生日を前に自分が「新島貴恵」であると突然思い出す。住んでいた新島家を訪ね、夫と娘に再会。自分の死を引きずったままの2人の尻をたたいていく。

次のページへ (2/2) 石田、堤との共演に「またご一緒できることが楽しみ」
1 2
あなたの“気になる”を教えてください