「パワプロが嫌いになった」から、最強の男へ eBASEBALLオリックス指宿の戦い

eスポーツのプロ野球リーグ「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンが1月25日、東京・「esports銀座 studio」で行われたe日本シリーズを持って全日程を終了した。11月から始まった2年目のシーズンは圧倒的な打撃力を誇る巨人がセ・リーグ2位から下克上日本一を飾り、幕を閉じた。大会MVPにはポストシーズン9本塁打と圧倒的な打力で他を圧倒した巨人・舘野弘樹が選ばれたが、もう一人、MVPに相当する男がいた。今季から導入された、各節の試合内容を評価・順位化し、ランキング形式でプロプレイヤーの絶対的な強さを示す指標である「プロリーグランキング」で1位に輝いたパ・リーグのオリックス・指宿聖也だ。

eBASEBALLオリックスの指宿聖也 (C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment
eBASEBALLオリックスの指宿聖也 (C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment

パワプロプロリーグ「eBASEBALL」で1番強い男・指宿聖也の2019シーズン

 eスポーツのプロ野球リーグ「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンが1月25日、東京・「esports銀座 studio」で行われたe日本シリーズを持って全日程を終了した。11月から始まった2年目のシーズンは圧倒的な打撃力を誇る巨人がセ・リーグ2位から下克上日本一を飾り、幕を閉じた。大会MVPにはポストシーズン9本塁打と圧倒的な打力で他を圧倒した巨人・舘野弘樹が選ばれたが、もう一人、MVPに相当する男がいた。今季から導入された、各節の試合内容を評価・順位化し、ランキング形式でプロプレイヤーの絶対的な強さを示す指標である「プロリーグランキング」で1位に輝いたパ・リーグのオリックス・指宿聖也だ。

 指宿は参加した全48選手のうち唯一の6戦6勝を飾り、オリックスのeクライマックスシリーズ進出の立役者となった。6試合で挙げた得点が26なのに対し、失点はわずか4。攻守にわたり、無類の強さを他選手に見せつけた。他チームの選手も「圧倒的」と舌を巻いたが、その飛躍には技術以外の部分にも鍵があった。

 昨季は5試合で2勝3敗と負け越した指宿。その反省を踏まえ、調子がよかったときの自身の取り組みについて細かく分析することにした。「(いい状態のときは)どういう身体の体勢だったか、(プレーの)待ち方だったか、どういう頭の中でやっていたかというのを固定させたくて、いろいろ試しました」と言う指宿。「コントローラーを持っている姿勢が悪いのかな?とか考えたりして、姿勢の矯正器具もいろいろと買ったりしました(笑)。でも(2018シーズンの)プロリーグが終わってからガタガタになってきて、オンラインでも負けまくった」。

 あまりの不調に「パワプロが嫌いになった」と苦笑いで振り返った指宿だが、2018シーズンからの継続選手として2019シーズンもオリックス代表選手としてプレーすることが決まっていたため、シーズン開始まで必死に調整を続けた。「もう、ほんと辞めたいなって。『どう休もうかな?』って考えて」と一時は継続選手契約を辞退することまで頭に浮かんだ。それでも「決まっている以上、やらないといけない」と腹をくくった。「逃げられなかったから、モチベーションになったのかもしれない」。一抹の不安を抱えたまま、指宿のプロ2年目のシーズンは始まった。

プロ2年目で飛躍 「みなさんのおかげで勝てました」ファンの声援を力に

 開幕カードは西武・前田を2-1で下し、自身2戦目となったe交流戦前節ではDeNA・大茂に7安打を浴びながらも無失点に封じ、わずか1安打、それも決勝2ランを放って辛勝を収めた。「しんどかったです。それでもなんとかできたところが一番大きかったと思う」と苦しみながらも勝利を手繰り寄せ、勢いに乗った。昨年の指宿はパ・リーグ18選手中、打率は最下位。チームもeクライマックスシリーズ進出を逃したが、今年は6戦6勝とチームが挙げた白星の半分以上を一人で稼ぎ出し、チームは念願のAクラス入りを果たした。

 しかし、eクライマックスシリーズではロッテに敗れて日本一への夢は断たれた。MVPは日本一になったチームから選出されるケースが多いため、敗退が決まった際はオリックスのチームメイトが「みっすん(指宿のプレイヤーネーム)にMVPを取ってもらうためにも、e日本シリーズに連れて行ってあげたかった」と声をそろえて悔やんだ。昨年から2シーズンを指宿と共に戦った木村智亮は「大黒柱です。頼りすぎてしまった。そのくらい、完璧なキャプテンだった」と頭を下げた。

 精神面の安定が今季の躍進につながった。圧倒的な成績を残しながらも、指宿は「(昨年に比べて)実力自体は、正直落ちていると思う」と謙遜する。多くのプロプレイヤーは「パワプロはメンタルのゲーム」と口をそろえるが、指宿も「去年なら(ビハインドの展開では)焦りや不安とかを(自分がプレーしている)映像を見ていても感じた。やっぱり、立ち向かっていく気持ちの時がよかったんですよね」と同意する。それに加え、「オリックスファンの方に応援していただけるのがすごく嬉しくって。よく、ヒーローインタビューで『みなさんのおかげで勝てました!』って言うじゃないですか。あれって本当だったんだなって」と声援を送ったファンにも感謝した。

 2年目のシーズンでは、周囲からの反応も変わってきた。指宿は「僕、(プロであることを)内緒にしているんですけど。それでも気付いてくれる方が何人かいて。ちょっと恥ずかしいけど、応援してくれる方も多い。ありがたいです」と照れ笑いを浮かべる。「プロになってこうして2年間やらせていただいて、ファンの方、スタッフの方、裏で(ステージの)セットを組んでくださる方にも感謝しないといけないと心から思います。そういう人間的な成長は大きかったかな」。勝負は単なる実力だけではない。これからも自分に打ち克ち、強くあり続ける。

次のページへ (2/2) “最強の男”の熱きプレーシーン
1 2