念願だった初ツアー実現 STU48派生ユニット「勝手に!四国観光大使」が深めた”絆”

念願の四国ツアーを実現させ、メンバー同士の絆もさらに深まった【写真:小田智史】
念願の四国ツアーを実現させ、メンバー同士の絆もさらに深まった【写真:小田智史】

“真の”四国観光大使を目指してさらなる飛躍を誓う

――今回のツアーを経て、ユニットとしての今後の目標は?

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

福田「ずっとやりたいと言っていた四国ツアーがやっと実現しました。残りの公演でもファンの方に『来て良かった』と思ってもらえるようにして、“2周目”を行けるくらいの勢いをつけて、ひいては『勝手に』じゃなくて、本当の四国観光大使を任せてもらえるようなチームになりたいです」

谷口「毎回公演をさせていただくたびに、自然とお互いに話す機会が増えて絆が深まっていると自分たちでも感じています。それがファンの方に伝わるくらい仲良くなって、このユニットの良さを発信していくことにつなげていきたいです」

川又「普段、STU48は瀬戸内7県を拠点としていますけど、こうしてユニットで四国を任せていただいているので、私たちにしかできないことを伝えていけるように頑張っていきます」

田中「まず、四国の方々に元気を届けられる存在になりたいです。そして、今後はユニットとしてもっと大きくなって、四国以外の場所も回れるように、私たち2期生も先輩方と力を合わせていきたいと思います」

沖「私たちメンバーももっと四国の良さを知って、それをみなさんに伝えていけるように、また頑張っていきたいです」

榊「今回ツアーというチャンスをいただいて、四国の良さを広めながら、『勝手に!四国観光大使』の独特な雰囲気も楽しんでもらえたらうれしいです」

――最後に、ツアー後半戦に臨む高知・愛媛公演組にエールをお願いします。

福田「すべてを経験したまひちゃんが引っ張るから大丈夫! みんな、まひちゃんに任せてね!」

谷口「えー、プレッシャー(笑)。でも、頑張るね!」

□沖侑果(おき・ゆうか)1999年12月1日、岡山県出身。STU48ドラフト3期生。独自のミステリアス路線を突き進む“ミス・コンプライアンス”。1期生の矢野帆夏、岩田陽菜と「STU48プロテイン部」を結成していたが、「今は(代表取締役の)矢野さんだけが毎日冷やして飲んでます。もう廃りました(苦笑)」とまさかの退部寸前であることを告白。

□川又あん奈(かわまた・あんな)2002年11月4日、香川県出身。STU48 2期生。クラシックバレエの経験者で、高難度のダンスナンバー「涙の表面張力」も踊りこなすなど成長著しい。香川の魅力を伝える「勝手に!香川紹介大使」が好評で、ファンからプレゼントされた100本以上のペンを使い、「ファンの方の力をもらって」調べて書くのがこだわり。

□榊美優(さかき・みゆ)2002年4月28日、香川県出身。STU48 1期生。5歳の頃から独学で磨いてきたダンスは切れ味抜群。メンバーで唯一自身のYouTubeチャンネル(くーかちゃんねる)を持ち、動画編集も行う器用さ、モノマネで周囲を和ませるユニークさを兼ね備える。心理学に興味があったが、今は「ギャルになりたい」欲が勝っているという。

□田中美帆(たなか・みほ)2002年9月3日、福岡県出身。STU48 2期生。何事にも真摯(しんし)に取り組む真面目さ、同期を優しく見守りつつリードする絶妙な手綱さばきで存在感を放つ。父親からもらったカメラが再びマイブームで、メンバーのオフショットなどを「#みふぉとぐらふ」でツイートしている。櫻坂46・菅井友香の個別トーク会に参加した経験有。

□谷口茉妃菜(たにぐち・まひな)、2000年2月3日、徳島県出身。STU48 1期生。誰とでもすぐに打ち解けられる天賦の才を持ち、おっとりした性格から生み出されるアットホームな空間は”まひな時間”と呼ばれる。大の高校野球ファンで、予選大会にまで足を運ぶ熱烈ぶり。野球でやりたいポジションは「フライを捕るのが好き」との理由でセンター。

□福田朱里(ふくだ・あかり)1999年3月29日、香川県出身。STU48 1期生。常に元気ハツラツ、迫力満点のパフォーマンスとトーク力を誇る副キャプテン。猫マニアとして知られ、愛があふれてツアーグッズにしてしまうほど。初日の徳島公演ではしっぽの生えた猫ソックス(計3足所持)で気合を入れた。前髪セットのこだわりはなるべく巻かないこと。

次のページへ (4/5) 徳島・香川公演セットリスト
1 2 3 4 5
あなたの“気になる”を教えてください