内藤とKENTAいよいよ決戦!異例の爆笑調印式に「めちゃくちゃ仲良しじゃん!」

新日本プロレスは8日、大阪市内で注目のダブル選手権試合を行う王者・内藤哲也と挑戦者・KENTAの調印式を開催。多くのファンが息を呑んで見守るなか、両者ともクールにお互いをけん制し、これまでの舌戦の集大成のようなジョークが次々と飛び出すなど、2人にしか作れない独特の空気に包まれた。そんな中、KENTAがツイッターにアップした内藤との2ショットが話題となっている。

内藤とKENTA【写真:山口比佐夫】
内藤とKENTA【写真:山口比佐夫】

王者・内藤哲也と挑戦者・KENTAによるダブル選手権試合の調印式を開催

 新日本プロレスは8日、大阪市内で注目のダブル選手権試合を行う王者・内藤哲也と挑戦者・KENTAの調印式を開催。多くのファンが息を呑んで見守るなか、両者ともクールにお互いをけん制し、これまでの舌戦の集大成のようなジョークが次々と飛び出すなど、2人にしか作れない独特の空気に包まれた。そんな中、KENTAがツイッターにアップした内藤との2ショットが話題となっている。

 調印式でKENTAは「まあ何度も言ってるように、明日で今年の色んな新日本の図式が変わると思うし、楽しみにしててほしいなと思います」とまずは意気込みを語り、続けて会場に集まった大勢のファンに「お前ら(内藤のグッズの)ボクサーパンツ、買ったか? 履いてるやついる?…(会場を見渡し)全然人気ねえなあ」会場から笑いが起こる。次に内藤がマイクを持った瞬間、KENTAが割って入り「履いてんの本人?あのやつ?」と挑発。

 内藤は受け流し「ロス・インゴベルナブレスに出会ってから、プロレスにおいて歓声もブーイングも同じようなもんだなって思うようになりました。だって興味ない選手に対しては無反応なのが普通なわけで、そういう意味では、いま新日本のリングで誰よりも歓声を浴びているのはKENTA選手なんじゃないでしょうか? あのドームでの行動力、バックステージコメントやSNSの使い方も面白い。あとは大阪城ホールで俺に勝ち、2本のベルトを獲ったらもう完璧なんじゃないでしょうか? そんなKENTA選手とのタイトルマッチがものすごく楽しみなんですが…」と相手を称えつつ、続けて「それと同じか、もしくはそれ以上に楽しみなのが、その先に見据えている、あの男との初めてのシングルマッチ。明日タイトルマッチでKENTA選手を倒したうえで俺はその舞台へ進みたいと思います」と含みを持たせた。

 記者からお互いの印象を聞かれたKENTAは、その質問を遮って「だからオレが聞きたいのは、あのボクサーパンツ履いてんのか?」とふたたび内藤を挑発。これに内藤は「そ~の~答えは、もちろん…て、やつだよ。聞きたいんだろ? あの言葉を」と返し、KENTAは「あの言葉、聞きてーなー! 聞きたくて焦っちゃうな~、履いてんの?履いてないの?」と机を叩きながらリクエスト。「その答えはもちろん!」と内藤が答えた直後に、なんと中央に座る菅林直樹会長にマイクを向けてリクエスト。すかさず顔をそらす会長に会場全体が笑いの渦に。さらにKENTAは「あとは(内藤が)ヒロムみたいに歌で表現してくれると思うんで、お願いします1曲!」無茶ぶりされた内藤は「え?どういう感じで?」とKENTAに逆リクエスト。すると今度はKENTAが菅林会長にマイクを向けて、会場はさらに爆笑の渦に包まれた。

次のページへ (2/3) 決戦を前にKENTAがSNSで勝利宣言
1 2 3