HYが名曲「366日」を366日“うるう年”のバレンタインデーに披露へ 8年ぶりのMステ決定

結成20周年を迎えた人気バンド「HY」が、2月14日に放送される「ミュージックステーション」に、8年ぶりに出演することが決定した。一年が366日の“うるう年”である今年、バレンタインデーに名曲「366日」を歌唱する。

HYアーティスト写真
HYアーティスト写真

結成20周年で記念企画を展開する「HY」 2008年発表の名バラードを8年ぶりMステで披露へ

 結成20周年を迎えた人気バンド「HY」が、2月14日に放送される「ミュージックステーション」に、8年ぶりに出演することが決定した。一年が366日の“うるう年”である今年、バレンタインデーに名曲「366日」を歌唱する。

 2000年に結成し、翌年インディーズからアルバムデビューしたHY。地元・沖縄に住み、独自のスタイルでライブを中心に音楽活動を展開している。昨年は、全国ホールツアー50会場が完全SOLD OUTとなり、自身最高の動員を記録するなど、ライブバンドとして成長し続けている。そんなHYの代表曲である「366日」は、2008年4月にアルバムの中の1曲として発表された、Key&Vo仲宗根泉による、切ない恋愛を歌うバラード曲だ。同年にドラマ、映画の主題歌に起用されたことでも話題を呼び、当時の累計だけで450万ダウンロードを記録した。

 そして、発表から12年が経った今も、幅広い年齢の女性に支持され、“恋うたランキング”や“みんながおススメする失恋ソングランキング”では、常にTOP10に入る。近年も「366日」をカバーしたCMが話題を呼び、昨年3月にYouTubeで公開された「366日」の最新ライブミュージックビデオは、公開から約11か月で1500万再生を記録するなど、今なおたくさんの人々に愛され続けている。

 HYの「ミュージックステーション」出演は、2012年3月9日の出演以来8年ぶり。さらに、同番組で「366日」を披露するのは、2009年12月25日の放送以来、約10年ぶりとなる。

 今年9月に結成20周年を迎えるHY。アニバーサリーツアー「HY 20th Anniversary RAINBOW TOUR 2019-2020」は、2月9日にファイナル公演となる。3月21日にはHY主催の音楽フェス「HY SKY Fes 2020」、7月からHY史上初のオーケストラとの共演ツアー「20th Anniversary HY & Orchestra Premium TOUR “星空”」を開催するなど、20周年のさまざまな記念企画を展開していく。

次のページへ (2/2) 驚異的な再生回数のライブMV
1 2