竹原慎二が明かすボクサーのお金事情 4回戦なら手取り4万円も…チケット売って稼ぐ選手も

元ボクシング世界王者でタレントの竹原慎二が、YouTubeチャンネル「竹原テレビ」を更新。「【ミドル級は桁違い?】チャンピオンにしかわからないファイトマネー事情と裏話」と題した動画の中で、気になるボクサーのファイトマネー事情について話している。

竹原慎二【写真:インスタグラム(@shinji__takehara)より】
竹原慎二【写真:インスタグラム(@shinji__takehara)より】

YouTubeで「昔と今の違い」に言及

 元ボクシング世界王者でタレントの竹原慎二が、YouTubeチャンネル「竹原テレビ」を更新。「【ミドル級は桁違い?】チャンピオンにしかわからないファイトマネー事情と裏話」と題した動画の中で、気になるボクサーのファイトマネー事情について話している。

AKB48で活躍、元トップアイドルが愛する大型車…内緒で取得した免許秘話(JAF Mate Onlineへ)

 今回のテーマはボクシングの「昔と今の違い」について。竹原の時代は高校生から始めるのが普通だったというが、現在はキッズボクサーが増加。「小学校低学年から始めている子が多い。井上尚弥君とか那須川天心君とかの影響なのかなと」と分析していた。

 さらに「これによって強い子が増えている。小学校からやっている子のほうが基本ができている。教えていないのに距離の取り方なんかを覚えている」と実感しているようだ。

 そしてファイトマネーに言及。竹原は「33年前(デビュー当時)は4回戦で5万円。今は6万円。そこからマネジメント料として33%引かれて、3万2000円だった。今は6万円だから手取りは4万円か」と説明。またその他の収入としてチケットを売った分も自身の報酬となるようで、「4回戦でも稼ぐ子はいる。100万円以上売る子もいるからね」と明かしていた。

 さらにランカーだと「20~30万円」、6回戦は「10万円」、8回戦は「16万円」がベースだと説明。人気や知名度などによっても変わってくるようだが、決して恵まれているとは言えないボクサーの懐事情を明かしていた。

次のページへ (2/2) 【動画】竹原が明かすボクサーのファイトマネー事情
1 2
あなたの“気になる”を教えてください