沢尻エリカ被告 判決受け直筆謝罪文「身勝手な行動により多くの人を裏切り、傷つけた」

合成麻薬MDMAなどを所持したとして麻薬取締法違反の罪に問われた女優の沢尻エリカ被告の判決公判が6日、東京地裁で開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡された。

沢尻エリカ【写真:Getty Images】
沢尻エリカ【写真:Getty Images】

所属するエイベックス・マネジメントも公式HPでコメント

 合成麻薬MDMAなどを所持したとして麻薬取締法違反の罪に問われた女優の沢尻エリカ被告の判決公判が6日、東京地裁で開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡された。

 これを受けて、沢尻被告は同日、直筆の書面を発表。「この度は、私の身勝手な行動により多くの人を裏切り、傷つけてしまい、社会的に測り知れないご迷惑をお掛けしてしまいましたことを心から深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、「謝って許されることではありませんが、犯した罪の重さを自覚し反省していき全力で更生に向けて努力することが自分のできる唯一の償いと考えております」と今後の更生を誓った。

 最後に「裁判の結果を真摯に受け止めております。何よりも、他人を思いやるという気持ち、根本の大切なことが私自身には欠落していたのだと痛感させられました。社会人として、一人の女性として、今一度、自分自身を見つめ直していきます」と結んでいる。

 沢尻が所属するエイベックス・マネジメントでも同日、公式HPで「麻薬取締法違反の罪に問われておりました沢尻エリカに対し、本日判決が出ました。弊社といたしましては、この判決を厳粛に受け止めております。今後につきましては、本人との話し合いを重ね、真摯に対応して参ります。改めまして、この度は誠に申し訳ございませんでした」とのコメントを発表した。

次のページへ (2/2) 直筆謝罪文
1 2