アニメ「映像研には手を出すな!」第6話のタイトルは「前作より進歩するべし!」あらすじと場面カットを公開!

テレビアニメ「映像研には手を出すな!」(NHK総合・毎週月曜午前0時10分~0時35分放送)の第6話のあらすじと場面カットが公開された。

「映像研には手を出すな!」(C)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会
「映像研には手を出すな!」(C)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

「映像研」第6話は音響部の百目鬼(どうめき)が登場!

 テレビアニメ「映像研には手を出すな!」(NHK総合・毎週月曜午前0時10分~0時35分放送)の第6話のあらすじと場面カットが公開された。

「映像研には手を出すな!」は、大童澄瞳氏の人気漫画が原作で、芝浜高校に入学したアニメが大好きな主人公・浅草みどりを筆頭に、同級生でプロデューサー的な才能を発揮する金森さやか、カリスマ読者モデルとして活躍するアニメーター志望の水崎ツバメの3人が脳内にある「最強の世界」を表現するため、「映像研」を結成し、アニメ制作に挑戦するという青春冒険ストーリーだ。アニメ上でアニメ制作を紹介するというユニークな設定だけでなく、キャラクターから音楽まで最強のスタッフ陣による徹底したこだわりで、マニアだけでなく、親子でも楽しめる作品に仕上がっており、毎回Twitterトレンドランキングで上位を獲得するなど話題となっている。

 9日午前0時10分より放送の第6話はタイトルが「前作より進歩するべし!」。文化祭で上映するロボットアニメの製作に取りかかった映像研だが、今回は美術部が背景を手伝ってくれるという。オープニング曲はロボ研が作曲し、劇中の音楽は水崎の知り合いに依頼することに。そして金森は、効率改善のためにPCの調達に動く。そんな中で浅草は関わる人数が増えていくことに不安を感じる。さらに、音響部について、ある情報がもたらされ、金森と浅草は部室を訪ねることに。そこには膨大な量の音源を守る音響部唯一の部員、百目鬼(どうめき)がいた・・・。

 テレビアニメ「映像研には手を出すな!」第6話は、NHK総合で9日午前0時10分より放送。
(関西地方は午前0時45分から)※放送予定は変更になる場合があります。

次のページへ (2/2) 第6話の場面カット
1 2