美声女ユニット「elfin’」がミュージカル初主演「ビックリしすぎて飛び上がりました」

4人組美声女ユニット「elfin'」(エルフィン)が、ミュージカル「カシオペア座の愛人」(5月20日初日、東京・六行会ホール)に主演することが決まった。

elfin'
elfin'

ミュージカル「カシオペア座の愛人」5月20日初日

 4人組美声女ユニット「elfin’」(エルフィン)が、ミュージカル「カシオペア座の愛人」(5月20日初日、東京・六行会ホール)に主演することが決まった。

 両親の銀婚式にケーキを作ってあげたいと考えるホシカが働くケーキ屋「エトワール」と、無差別に殺された仲間の復讐の機会を窺う“猫目の一族”が運営するサーカス団「カシオペア座」。この全く別の2つのストーリーが運命に導かれて出会う時、物語が一気に動き出す。「人は過去を乗り越えることはできるのか」を基軸とした友愛のミュージカルだ。

 4人の舞台での共演は初めて。

 リーダーの辻美優は「メンバー4人で主演舞台を務めさせていただける日が来るとは思ってもおらず、最初に聞いたときはビックリしすぎて飛び上がりました!」と驚きを隠せず、花房里枝は「光栄な機会への感謝と、作品への責任を強く感じました。普段一緒にアーティスト活動をしているメンバーとのチームワークを作品創りに活かせたらと今から意気込んでいます」と熱く語った。

 本作が舞台初出演となる小倉舞子は「ずっと舞台に出演することを憧れていました。今回初の舞台でミュージカルに挑戦させていただけるということで緊張もしていますが、それ以上に嬉しい気持ちでいっぱいです!信頼するメンバーと一緒なのでとても心強いです!」と抱負。厚地彩花も「ユニットメンバー4人全員で同じ舞台に立たせていただけることも、そして主演を務めさせていただけることも、人生の中でそうそうないことだと思いますので本当に光栄です!」と意気込んだ。

 劇中の世界観について、辻は「地球ではない、遠いどこかの星。様々な愛が入り組んでいる物語となっています。恋愛、友愛、家族愛。だけど、異世界のはずの物語のキャラクター達は私たちとどこか、よく似ている存在です」と印象を語り、小倉も「自分や周りの考えが正しいと決めつけるのではなく、相手を認めることの大切さをこの物語の中から感じました」とコメントした。

 見どころについて、厚地は「言葉では語りつくせない壮大な世界観だと思いました。どの一瞬も見逃してほしくないですし、実際に劇場で観ていただきたいです。生きる環境は違えど登場人物がひたむきに前へ進もうとする姿、そして様々な思いがリンクする瞬間が注目ポイントです」と説明。花房は「ファンタジーの中に家族の在り方が描かれていて、揺れるキャラクター達の心情が印象的です。心温まるシーンからシリアスで予想もつかないシーンまで先の読めない展開が盛りだくさんです!バラバラで始まった2つストーリーがどのように繋がって回収されていくのか、そして多岐に渡る登場人物が過去を乗り越えられるのか。其々抱えているものや考え方が互いに共鳴し衝突し、そして想像と創造で紡いでいくストーリーに是非注目して下さい!」とアピールした。

 脚本・演出を務めるブイラボミュージカル代表の滝井サトル氏は「elfin’の出演を本当に嬉しく思っております。花房さん、辻さんには以前の現場でも沢山のエネルギーを頂きました。初めましての厚地さん、小倉さんとも御一緒できるのをとても楽しみにしております。昨年末の屋外ステージでアーティストとしてLIVEをされる姿を拝見し、小雨が降る中でのパフォーマンスとお客様を気遣う優しさに心打たれました。声だけでなく、心も何とお美しい!美声女ユニットelfin’の『美の熱量』とブイラボミュージカルの『泥臭さ』の化学反応を起こすべく、今の今から鼻息を荒くしております」と魅力を明かしつつ、期待を込めた。

 elfin’の4人がアーティストではなく役者として初共演する舞台「カシオペア座の愛人」はファンならずとも必見のステージとなりそうだ。

次のページへ (2/2) 【画像】美と美声を兼ね備えた4人が舞台で魅力を発揮…メンバー個々の実際の写真
1 2