片渕茜アナ、今田耕司に「結婚する時にはぜひ、鑑定団で報告して」 共演5年の間柄

テレビやラジオなどの注目番組の魅力や舞台裏を探る企画。今回はテレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」(火曜午後8時54分)。アシスタントの片渕茜アナウンサーに番組への思いやメイン司会者の今田耕司の魅力を聞いた。片渕アナは2016年から同番組に起用されて5年、11年から出演する今田は10年と、ともに節目の年だ。

「開運!なんでも鑑定団」に出演する片渕茜アナと今田耕司【写真:(C)テレビ東京】
「開運!なんでも鑑定団」に出演する片渕茜アナと今田耕司【写真:(C)テレビ東京】

テレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」で共演5年 今田の尊敬する点は今田に聞いた

 テレビやラジオなどの注目番組の魅力や舞台裏を探る企画。今回はテレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」(火曜午後8時54分)。アシスタントの片渕茜アナウンサーに番組への思いやメイン司会者の今田耕司の魅力を聞いた。片渕アナは2016年から同番組に起用されて5年、11年から出演する今田は10年と、ともに節目の年だ。(取材・文=中野由喜)

「あっと言う間の5年ですが、番組自体は変わらない安心感が最初からあるので、引き続き安心して見ていただける番組作りができたらと思います。依頼人が一般の方なので、登場して、いきなり今田さんや福澤朗さんが隣にいる中で話すのは、すごく緊張するはず。緊張を和らげる役割を果たせたらと、常に笑顔で話を聞くようにしています」

 安心感とは、また、番組の魅力はどうか。

「27年間、依頼人の方が来て、お宝の本人評価額を聞き、鑑定してもらい、オープン・ザ・プライスという、ずっと変わらない展開の安心感。そして各依頼人のお宝の背景に、それぞれ違ったエピソードがあるという意味の新しさ。その2つが魅力だと思います。視聴者として見ていた時は、いろんな人の家に、いろんなお宝が眠っているものだな、もしかしたら自分の家にも、と希望を持ったりしました」

 5年間一緒に仕事をしている今田の魅力も聞いた。

「温かくて優しい人です。コロナ禍前は会場の小さいお子さんに手を振ったり、話しかけたり。少年のような心の持ち主と思うこともよくあります。いきなり絵画のにおいをかいだり、鑑定額が出る前、高額かもしれないお宝に触るふりをしたり、歴史好きで、豊臣秀吉の書といわれるお宝の時も『この前に座って書いていたのか』と、においをかいでいました」

 取材前、今田について聞かれたら「こう答えなよ」と言われましたことがあるという。

「今田さんの尊敬すべき点を直接、今田さんに聞いてきました(笑)。今田さんがお友だちと話している時、テレビ東京のアナウンサーには、かわいい人が多いという話題になったそうなんです。いろんな女性アナの名前が挙がり、私の名前は一切、出てこなかったと。そこで今田さんが『鑑定団に出ている片渕アナもいい人だよ』と名前を出してくれたそうです。かわいいではなく『いい人だよ』ですが、いろんなところでお気遣いしてくれます。という話をするように言われました。ご自分の印象がよくなるからと(笑)」

 そんな今田に期待したいことは。

「鑑定団一同かもしれませんが、結婚する時にはぜひ、鑑定団でご報告をしていただきたいです。10年もやっている思い入れのある番組だと思いますので、鑑定団で結婚発表してほしいです。先日、2年前の番組のVTRを見たら今田さんがきれいな女優さんとご飯に行けることになったと紹介し『もうすぐ僕はこの番組に花束を持って出るかもしれない』と話していました。あれから2年。早くみんなで花束を渡したいです」

次のページへ (2/2) 今田をだます偽物作りの腕は「勢いでやっています」
1 2
あなたの“気になる”を教えてください