“忍者”がテーマの新感覚ライブショー 人気漫画家Boichiがキャラクターデザインに参加決定!

トップクリエイターが集結して世界を目指す日本初のライブショー「Ninja Illusion LIVE」プロジェクトで、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の「Dr.STONE」の作画を担当している人気漫画家Boichi(ボウイチ)氏がキャラクターデザインとして参加することが決定し、キービジュアルが初公開となった。東京・浅草(浅草九劇)で約100日200公演が開催される新感覚のライブショーに注目が集まりそうだ。

「Ninja Illusion LIVE」のBoichi氏が描き下ろしたキービジュアル
「Ninja Illusion LIVE」のBoichi氏が描き下ろしたキービジュアル

日本の伝統キャラクター「NINJA」をテーマに4月から9月にかけて浅草九劇で開催

 トップクリエイターが集結して世界を目指す日本初のライブショー「Ninja Illusion LIVE」プロジェクトで、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の「Dr.STONE」の作画を担当している人気漫画家Boichi(ボウイチ)氏がキャラクターデザインとして参加することが決定し、キービジュアルが初公開となった。東京・浅草(浅草九劇)で約100日200公演が開催される新感覚のライブショーに注目が集まりそうだ。

 ライブショー「Ninja Illusion LIVE」は、世界的人気を誇る日本の伝統キャラクター「NINJA」が使ったとされるさまざまな忍術や忍法をイリュージョンとして開発する。演劇界で人気を誇る劇団鹿殺し座長の「菜月チョビ」、マジック界のアカデミー賞マーリン・アワード「Most creative illusionist」を日本人初受賞した“世界一”のイリュージョニスト「HARA」、米国の人気オーディション番組「America’s Got Talent」でアジア人初のゴールデンブザーを獲得したプロジェクションマッピングパフォーマー「SIRO-A」らトップクリエイターが集結した。「物語」×「イリュージョン」×「プロジェクションマッピング」の3要素が融合した日本初のライブショーを作り出そうというプロジェクトだ。

 また、同公演は(公財)東京観光財団の「ナイトライフ観光振興助成金」を活用して実施しており、浅草から世界へ向けて日本発のエンターテインメントを発信する。本公演は2020年7月2日~9月26日。GW先行公演は2020年4月23日~5月4日。

 今回、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」を通じ、一般公開よりも早くサポーター限定の「初だし公演」(2020年4月4、5日)を実施する新しい試みを実施する。

 さらに、昨年末に実施したオーディションにより、倍率20倍を勝ち抜いた28人の出演者が決定した。ダンサー、舞台俳優、人気お笑い芸人、新体操全国入賞者、アイドル、声優、ピエロなどさまざまなキャリアを持つパフォーマーたちがそろった。

次のページへ (2/2) 華麗なる画像集
1 2