“ホラークイーン”三吉彩花が場外乱闘で強烈ハイキック 宮原健斗「全日にスカウトしたい」

ホラー映画「犬鳴村」(2月7日全国公開)の公開直前会見が5日、都内のホテルで行われ、主演の三吉彩花、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香、清水崇監督が参加した。本作には、映画界初参加となる「全日本プロレス」が製作に携わったこともあり、この日は特設プロレスリングの上で会見が実施され、“スペシャルタッグマッチ”も開催。三吉がまさかの乱入で強烈なハイキックを披露した。

映画「犬鳴村」で主演を務めた三吉彩花が“犬鳴ハイキック”を繰り出す
映画「犬鳴村」で主演を務めた三吉彩花が“犬鳴ハイキック”を繰り出す

“最凶”ホラー映画「犬鳴村」VS “最強”全日本プロレスの禁断マッチ

 ホラー映画「犬鳴村」(2月7日全国公開)の公開直前会見が5日、都内のホテルで行われ、主演の三吉彩花、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香、清水崇監督が参加した。本作には、映画界初参加となる「全日本プロレス」が製作に携わったこともあり、この日は特設プロレスリングの上で会見が実施され、“スペシャルタッグマッチ”も開催。三吉がまさかの乱入で強烈なハイキックを披露した。

 ジャパニーズホラーの巨匠・清水崇監督がメガホンを取り、九州に実在する心霊スポットを題材に取り上げた本作。三吉は「この作品は人間としてのストーリー性のある作品なので、自分なりに表現できるのがうれしかったです」と話した。会見に出席した全日本プロレスのエース宮原健斗は「(本作を鑑賞した際に)ポップコーンを落としちゃいました。それぐらい怖い部分もあり、でも人間味もある。ただのホラーだけではないという感想があります」と本作の奥深さを語った。

 会見のあとは、打って変わってプロレスコーナーに。全日本プロレスからは、宮原に加え、石川修司、犬鳴めんそーれ(ブラックめんそーれ)、大森北斗、田村男児が電撃参戦した。“最凶映画”に対峙する「犬鳴めんそーれ・田村チーム」と、“ホラークイーン”の座を狙う三吉が加わる「石川・大森With三吉チーム」の2チームに分かれてタッグマッチが執り行われた。清水監督は宮原と一緒に特別解説に回り、三吉らキャスト陣はリングサイドの特別席へ。
 
 白熱した試合。キャストの特別席が“破壊”されるほどの場外乱闘が発生した。三吉らが驚きながら席を離れるシーンもあった。ここで、試合終盤に、“三吉コール”が沸き起こる。三吉が場外乱闘に乱入したのだ。靴を脱いで、力をため込むと、足を大きく上げて回し蹴りを炸裂。“犬鳴ハイキック”を、2人の選手に繰り出したのだ。解説席の宮原は思わず、「全日にスカウトしたいな」とコメント。キックが決まったことで、三吉チームが見事に勝利を収めた。

次のページへ (2/2) 三吉「うずうずしちゃいました」
1 2