機界戦隊ゼンカイジャー、「ミニアルバム4」の収録内容とジャケット写真が公開

串田アキラ氏「この曲を唄えたことに本当に感謝」

 1977年1月に発売されたデビュー曲「私の先生」から全ての音源を日本コロムビアからリリースしてきた榊原氏。ソロの歌唱楽曲としては、2001年6月以来20年ぶりに日本コロムビアからのリリースとなる。榊原氏のコメントは以下の通り。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

「レコーディングは久しぶりで歌のスタミナが減っていたものですから、正直な最初の感想としては、『疲れました』(笑)。五色田ヤツデというおばあちゃんのキャラクターソングなので、駄菓子屋『カラフル』のガチャッとしたにぎやかな感じを出すために明るいトーンで歌いながらも、子どもみたいな声にならないように歌うのが難しかったです(笑)。皆さんが聴いたときに『ヤッちゃんが歌っている!』と感じてくれたらうれしいですね。とてもヤッちゃんらしい、カラフルな歌ができました。まねしてお料理したくなるようなポイントがあるので、もしよろしかったら試しに作ってみてください(笑)。あとは人生の教訓的なポイントもあったりしますので、みんなの応援歌になってくれればと思っております」

 また、串田氏は、81年放送開始の「太陽戦隊サンバルカン」のOP主題歌「太陽戦隊サンバルカン」から始まり、仮面ライダーシリーズ、宇宙刑事シリーズなどさまざまな東映特撮の主題歌/挿入歌を歌唱してきた。串田氏のコメント全文は以下。

「この曲を唄えたことに本当に感謝。拳を握って『やったー!』という感じです。渡辺宙明先生の作曲による戦隊の楽曲をソロで歌うのは40年前の『太陽戦隊サンバルカン』以来です。その時同様、今回も先生の推薦がありました。最強のロボの歌とのこと、いつもどおり強さ、カッコ良さは必ずある。さらにロボの歌なのに『やさしさ』がある。自分にとってはこの『やさしさ』は必須だ。今だからこそ、みんなの元気を『全快に』と思いパワー全開で唄いました。そしてこの情報を発表できる日が自分の誕生日なので最強ビックリ! 最高です! うれしいプレゼント、ありがとうございます。この曲をライブでみんなと一緒に歌える日を待ちます」

トップページに戻る

1 2
あなたの“気になる”を教えてください