ソロデビュー10年目・岩佐美咲、新曲「アキラ」演歌チャート1位 10作連続で首位獲得

ソロデビュー10年目を迎えた演歌歌手・岩佐美咲が6日に発売した新曲「アキラ」が13日に発表されたオリコン演歌チャートで初登場1位を獲得した。

岩佐美咲
岩佐美咲

デビュー作「無人駅」から今作で10作連続の演歌チャート1位

 ソロデビュー10年目を迎えた演歌歌手・岩佐美咲が6日に発売した新曲「アキラ」が13日に発表されたオリコン演歌チャートで初登場1位を獲得した。

 アイドルグループ「AKB48」を卒業し、演歌歌手1本での活動を始めてから5年目、そして今年ソロデビュー10年目を迎えた岩佐。6日に発売した新曲「アキラ」がオリコン演歌チャートで初登場1位を獲得。演歌チャート1位は、デビュー作「無人駅」から今作で10作連続となる。

 今作は、北海道・函館を舞台に、タイトルにもなっている“アキラ”という名前の男性への未練を歌った、はかなくも芯の強い女性を描いた歌謡曲テーストの楽曲で、総合プロデューサー・秋元康氏による通算10枚目となるシングルとなる。

 初回盤・通常盤の全2形態の発売で、初回限定盤には「アキラ」のミュージックビデオがDVDに収録され、CDにはカップリングに「ありがとう」(いきものがかり)のカバーを収録。通常盤には表題曲のほか、「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」(森口博子)のカバーが収録され、それぞれ違ったジャケットデザインとなっている。

 岩佐は「10周年を記念した作品で、このような素晴らしいスタートを切らせて下さったファンの皆さんの大きく熱い愛を感じ、感謝の気持ちでいっぱいです! なかなかお会い出来ない中で、1人でも多くの方に歌で元気を届けたいという気持ちがより強くなりました。まだまだ未熟者ですが、これからも応援よろしくお願い致します」とコメントした。

次のページへ (2/2) 【写真】10作連続となる演歌チャート1位を獲得した岩佐美咲の新曲「アキラ」ジャケット2種
1 2
あなたの“気になる”を教えてください