日本人女性に「ウイルス!」と暴言 志らくが不快感「どこの国でもこういうのが出てくる」

落語家の立川志らくが3日、MCを務めるTBS系の情報番組「グッとラック!」に出演し、新型コロナウイルスに言及した。

立川志らく
立川志らく

TBS系「グッとラック!」で新型コロナウイルスに言及

 落語家の立川志らくが3日、MCを務めるTBS系の情報番組「グッとラック!」に出演し、新型コロナウイルスに言及した。

 新型コロナウイルスは中国・武漢で発症し、猛威を振るっている。中国政府の懸命の封鎖措置もむなしく、感染者は世界に拡大している。

 同時に、問題となっているのが、アジア人に対する差別だ。番組では特に欧州において中国人や韓国人、日本人などに対する差別の声が高まっていることを特集した。アジアからの留学生も多いイタリア・ローマの国立音楽院では中国人、日本人など一部アジア国籍の学生のレッスンが中止となって波紋を呼んでいる。また、フランス・パリでは街を歩いていた日本人女性に対し、すれ違いざまに「ウイルス!」と暴言を吐く事例が発生。フランスの地方紙は一面に「黄色の人種に警報」とあからさまに人種差別を助長するような見出しを掲げ、問題化した。

 エスカレートする一方の騒動に、志らくは「どこの国でもこういうのが出てくるんですね、結局」とあきれ顔でコメント。特に、仏紙の報道については「新聞がそれをやり始めるって……」と不快感をにじませた。

次のページへ (2/2) 【画像】感染拡大が止まらず…日本を始めとする主要国の感染者数
1 2