朝倉未来、「RIZIN LANDMARK」旗揚げ戦で萩原京平に貫禄勝利 エグい攻撃に戦慄

「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.1」(2021年10月2日)

朝倉未来が終始圧倒【写真:(C)RIZIN FF】
朝倉未来が終始圧倒【写真:(C)RIZIN FF】

新イベント「RIZIN LANDMARK」旗揚げ

「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.1」(2021年10月2日)

「RIZIN LANDMARK」旗揚げ戦のメインイベントは朝倉未来(トライフォース赤坂)が萩原京平(SMOKER GYM)に貫禄の勝利を収めた。

 記念すべきメインに上がったのは未来は、笑みを浮かべながら入場。萩原と対峙すると、緊張感が張り詰める。

 互いに攻撃力を誇り、一瞬たりとも目が離せない。

 ローを放つ未来。萩原もローを返し、右ハイキック。未来は左足タックルでテークダウンを奪う。

 上になると、未来はじっくりとポジションを整え、サイドへ移行。しかし、かわされ、萩原がパウンド。ギロチンチョークを狙う。未来は一転ピンチに陥る。

 3分経過、首を取られながらも立ち上がった未来は、持ち上げて再びテークダウン。萩原に圧力をかけていったが、決め手を欠いた。

今大会で2Rまでいったのは初めて。“一発ムード”が漂う中、突進したのは未来。そのまま押し倒し、グラウンドへ。ハーフガードから拳を落とし、スタミナを削っていく。萩原もブリッジで返したものの、未来は離さず、膝蹴り連打。さらに、背後に回った。

 コーナー付近で萩原の背中に覆いかぶさるような状態が続く。試合は最終3Rに突入する。

 ここまでじっくりと勝機を狙ってきた未来は、左ハイからタックル。リング中央でグラウンド戦に。バックを奪い、チョークスリーパーを狙う。サイドから鉄ついを振り下ろす猛攻。さらに肘を落とす。萩原は流血。残り1分、未来は、膝、肘を顔面に集中。最後まで攻め続け、判定勝利を収めた。

 6月にクレベル・コイケに敗れて以来の再起戦を飾った未来。
 
 試合前のインタビューでは、「調子もいいので、強さを見てもらいたい」「とりあえず、フィニッシュします」と自信を見せていた。

「RIZIN LANDMARK」は有料ライブ配信を軸に据えた新形態。配信トラブルにより1時間遅れでの試合開始となった。

次のページへ (2/2) 【写真】グラウンドポジションに持ち込み萩原京平を塩漬けに コントロールする朝倉未来の実際の写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください