志田彩良は迷子常習犯、鈴鹿央士は“けが常習犯” 幼少期のエピソードを明かす

女優の志田彩良が主演する映画「かそけきサンカヨウ」(10月15日、テアトル新宿他全国公開)の完成報告会が東京・東新橋のスペースFS汐留で行われ、志田、井浦新、鈴鹿央士、中井友望、菊池亜希子が集まった。

「今泉組で主演」のうれしさを語った志田彩良【写真:ENCOUNT編集部】
「今泉組で主演」のうれしさを語った志田彩良【写真:ENCOUNT編集部】

志田は「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」に続き3度目の今泉監督作品

 女優の志田彩良が主演する映画「かそけきサンカヨウ」(10月15日、テアトル新宿他全国公開)の完成報告会が東京・東新橋のスペースFS汐留で行われ、志田、井浦新、鈴鹿央士、中井友望、菊池亜希子が集まった。

 本作は窪美澄氏の短編集「水やりはいつも深夜だけど」を原作に、家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽(志田)の葛藤と成長を、同級生・陸(鈴鹿)との“恋まではたどり着かないような淡い恋愛感情”を交えて描く。

「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」に続き3度目の今泉力哉監督作品となる志田は「原作は強い、弱い、全てが愛おしい女の子。向き合って前に進んでいく姿が魅力的でした。台本はすてきな小説に今泉さんの色がついて、さらにすてきだな、と思いました。『パンとバスと2度目のハツコイ』のときに、監督から『いつか主演を撮ってみたい』と言われから、今泉組で主演するのが目標になっていたので、決まったときはうれしかったです。事務所の25周年記念作、しかも今泉組、主演ということで気が引き締まりました」と話した。

 映画の冒頭のエピソードにちなみに、「一番古い記憶は?」と聞かれると、志田は「4歳のキャンプに行ったときの買い物で、母が突然、私がいなくなったと探し回ったことがありました。母は神隠しにあったと思ったくらいで、カートの下から私が『ママ、ニンジンあった?』って。 迷子常習犯で、いまだに迷子になる。10回くらい同じ場所に行かないと、覚えられないです」。

 井浦は「デビュー作(「ワンダフルライフ」)でも同じ質問があって、そこで話した内容と同じなんですが、父親の古里・山形の真っ白い雪の中で立っていたことを覚えています」、鈴鹿は「眉毛がはげているんですけど、お兄ちゃんとふざけて、テーブルの角にぶつけたこと。けが常習犯で、病院の帰りには車のドアに小指を挟んで、また同じ病院に行きました」。大トリの今泉監督は「風呂場で父親にせっけんを食べさせられたこと。でも、虐待じゃないです」と話し、出演者は驚愕(きょうがく)の表情を浮かべていた。

 最後に、志田は「SNSが主流になっている環境で育ったので、直接、言葉で伝える経験があまりないですが、便利になってなくなるものはあっても、人の優しさは何にも代えられない。人の気持ちの大切さを伝えたい。直接、誰かに見た感想を伝えてくださったら、うれしいです」とアピールしていた。

次のページへ (2/2) 【写真】志田彩良、井浦新、鈴鹿央士、中井友望、菊池亜希子らの集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください