May J.がミュージカル初挑戦! もどかしいのは「見た目はクールなので大変さが伝わらない」

歌手のMay J.が初めてミュージカルに挑戦する舞台「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2のプレスコールと囲み取材が30日、東京・IHI STAGE AROUND TOKYOで行われた。

ミュージカルに初挑戦するMay J.
ミュージカルに初挑戦するMay J.

舞台「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2 プレスコールで美声と演技披露

 歌手のMay J.が初めてミュージカルに挑戦する舞台「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2のプレスコールと囲み取材が30日、東京・IHI STAGE AROUND TOKYOで行われた。

 プレスコールではWキャストでトニー役の村上虹郎、森崎ウィン、マリア役の宮澤エマ、田村芽実、アニータ役の宮澤佐江、リフ役の上口耕平、小野賢章、ベルナルド役の渡辺大輔、廣瀬友祐も参加した。

 May J.は宮沢と「A Boy Like That」を披露。素晴らしい演技力と圧倒的な歌唱力が劇場の空気を一変させ、改めて“歌手May J.”のすごみが感じられる瞬間だった。プレスコールではほかにも「Prologue」、「One Hand One Heart」、「Quintet」の計4シーンが披露された。

 プレスコール後の囲み取材で、May J.は「小さい頃からダンスが好きで踊っていました。このミュージカルはバレエとジャズダンスをミックスした特殊な動きが多く、無理な角度が多く、初めての動きばかりで戸惑いました。私たちはものすごい熱量で大変なのに、見た目はクールなのでその大変さが伝わらないのがもどかしいです」と語った。

 本公演は2月1日から3月10日まで東京・IHIステージアラウンド東京で上演される。

次のページへ (2/2) “無理な角度”をこなす
1 2