舞台「はじめの一歩」が初日…「タンパク質のビュッフェ」で身体づくり

週刊少年マガジンの大人気漫画「はじめの一歩」を舞台化した「リアルファイティング『はじめの一歩』The Glorious Stage!!」が31日、品川プリンスホテル・ステラボールで初日を迎え、演出の喜安浩平や幕之内一歩役の後藤恭路らが会見を行った。

(前列左から)演出の喜安浩平、滝澤諒、後藤恭路、松田凌、高木 渉、(後列左から)塩田康平、滝川広大、高橋奎仁
(前列左から)演出の喜安浩平、滝澤諒、後藤恭路、松田凌、高木 渉、(後列左から)塩田康平、滝川広大、高橋奎仁

連載から30年の「はじめの一歩」ついに舞台化!リアルな男同士の戦いをチェック

 週刊少年マガジンの大人気漫画「はじめの一歩」を舞台化した「リアルファイティング『はじめの一歩』The Glorious Stage!!」が31日、品川プリンスホテル・ステラボールで初日を迎え、演出の喜安浩平や幕之内一歩役の後藤恭路らが会見を行った。

「はじめの一歩」は講談社「週刊少年マガジン」で1989年から連載中の森川ジョージによるボクシング漫画で、同誌不動の看板作品と言われるほどの大ヒット作品。連載30周年を迎えたボクシング漫画の金字塔を舞台化し、ステージ上で俳優たちが「本気の闘い(リアルファイト)」を繰り広げる。初日会見に衣装姿で登場した出演者たちは、全員が本物のボクサー顔負けの屈強な身体付きを披露した。

 稽古場では本番に備えた身体作りも敢行。そのため、用意されていたケータリングも一工夫されていたようで、「タンパク質のビュッフェみたいだった」と一同は声をそろえた。宮田一郎役の滝澤は「大量の肉がケータリングで置いてあって、それを食べるために筋トレをして、また食べるの繰り返しでしたね」と役作りの裏側を明かした。

 会見後にはゲネプロも公開され、ステージ上ではボクシングのリアルな戦いが描き出された。一歩役を務める座長の後藤は「一歩は最初はいじめられっ子だけど、試合とかを経験して、どんどん成長していく姿が見どころ。生で見る方が迫力があるので、ぜひ足を運んで」とアピールした。同公演は2月9日まで行われる。

次のページへ (2/2) リアルファイト!公開ゲネの様子
1 2