【RIZIN】朝倉海、ボンサイ柔術撃破で準決勝進出 中川翔子も客席で勝利祈る

「Yogibo presents RIZIN.30」(2021年9月19日、さいたまスーパーアリーナ)

朝倉海、ボンサイ柔術撃破【写真:山口比佐夫】
朝倉海、ボンサイ柔術撃破【写真:山口比佐夫】

6月には朝倉未来がボンサイ柔術のクレベルに失神KO負け

「Yogibo presents RIZIN.30」(2021年9月19日、さいたまスーパーアリーナ)

 朝倉海(トライフォース赤坂)がアラン“ヒロ”ヤマニハ(ブルテリア・ボンサイ)を破り、バンタム級トーナメント2回戦を突破した。

 RIZINバンタム級王者の堀口恭司がベラトールに移籍し、注目を集めるトーナメント。

 海は打撃、ヤマニハは寝技の構図。海は圧力をかけて連打で前に出る。ヤマニハにバックを取られても、腰の強さでテークダウンを許さない。

 3R、YouTubeで共演経験のあるタレントの中川翔子が祈るような表情で見つめる中、海は攻撃の手を緩めない。しかし、ヤマニハは倒れず、左を返す。そのまま試合終了となり、フルマークの判定で海が勝利した。

 6月の東京ドーム大会で、兄の朝倉未来がボンサイ柔術のクレベル・コイケに失神KO負けを喫していたが、この日、トーナメント4強進出を果たすとともに、朝倉兄弟VSボンサイ柔術の“第2R”を制し、兄弟としてのリベンジを果たした。

次のページへ (2/2) 【写真】コーナーに相手を追い込みパンチの応酬を繰り出す朝倉海の姿
1 2
あなたの“気になる”を教えてください