【RIZIN】34歳・扇久保博正、35歳・大塚隆史に判定勝ちでベスト4進出「絶対優勝する」

「Yogibo presents RIZIN.30」(2021年9月19日、さいたまスーパーアリーナ)

終始手数で圧倒した扇久保博正【写真:山口比佐夫】
終始手数で圧倒した扇久保博正【写真:山口比佐夫】

トーナメント開催を直訴した扇久保は優勝を誓う

「Yogibo presents RIZIN.30」(2021年9月19日、さいたまスーパーアリーナ)

 34歳の扇久保博正(パラエストラ松戸)が35歳の大塚隆史(T-GRIP TOKYO)を退け、バンタム級トーナメント4強に進出した。

 RIZINバンタム級王者の堀口恭司がベラトールに移籍し、注目を集めるトーナメント。

 身長は大塚が8センチ高い。扇久保がコンビネーションパンチを放てば、大塚は左フックを効かせる。

 互いに距離を測り、一発を狙うかのような雰囲気で、試合は進んでいく。3R、前に出る扇久保は右を当てると、大塚がテークダウン。グラウンドに移行する。

 パウンドで攻める大塚に対し、扇久保は立ち上がって追撃を遮断。最後は打ち合ったまま試合終了のゴングとなったが、扇久保が手数と有効打で上回り、フルマークの判定で勝利した。

 トーナメント開催を直訴した扇久保は「このトーナメント絶対ぼくが優勝するんで」と優勝を誓った。

次のページへ (2/2) 【写真】34歳VS35歳のベテラン対決…扇久保博正&大塚隆史の試合シーン
1 2
あなたの“気になる”を教えてください