天心VS亀田 亀田興毅“試合後囲み取材”詳報「天心君は野球で言うなら大谷選手」

キックボクシングの那須川天心(20)とプロボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅(32)が6月22日、都内で「AbemaTV1000万円シリーズスペシャルマッチ」を行い、天心がKOされずに1000万円を守った。以下、AbemaTVでは、生中継されなかった試合後の亀田興毅の囲み取材を詳報する。

【写真:山口比佐夫】
【写真:山口比佐夫】

亀田興毅に聞く

 キックボクシングの那須川天心(20)とプロボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅(32)が6月22日、都内で「AbemaTV1000万円シリーズスペシャルマッチ」を行い、天心がKOされずに1000万円を守った。以下、AbemaTVでは、生中継されなかった試合後の亀田興毅の囲み取材を詳報する。

――今の感想を。

「試合が終わってすがすがしい気持ちです。今回に関しては、もうないから。終わったなあと。闘いながらも、楽しい気持ちもあるし、寂しい気持ちもある。でも、これからの格闘技界の中心でやっていくファイターと拳を交えるということは、すごくうれしいこと。こういう闘いが実現するのが難しい。色んな批判もあるし、その中でこの試合を引き受けてやったのは、自分なりに格闘技界には伝えたいことがあった。ボクシングだけが盛り上がればいいということでない。リングものがすべてひとつになって、盛り上がったらと思う。それでも、サッカーや野球に勝てないんですよ。だから、これからの格闘技はルールを守りつつ、みんなで力を合わせて、野球やサッカーと戦えるようなメガコンテンツになればいいなと思う。今日の闘いも今の格闘技界へのメッセージでもある。元ボクサーとして、世界チャンピオンとして、もうちょっといい試合を見せることができればよかったんですが。やはり衰えには勝てなかった。天心君は闘っていて思ったが、頭もいいし、勘もいい選手です。未来は明るいんじゃないですか」

【写真:山口比佐夫】
【写真:山口比佐夫】

――天心選手の優れているところは。

「距離感がうまい。自分のペースを崩さずに闘い抜けるのはすごいと思います」

――天心選手がボクシングでもキックボクシングでもベルトを取りたいと言っていたが。

「本来は、1人で2つのことをやるのは難しい。野球でいうと大谷選手。ボクシングをやったり、キックボクシングをやったりするのは難しい。どういうベルトをとりたいのか、わからないが、早い段階でボクシングにきたほうがいいと個人的には思う。ただ、両方いくのは、天心君の体が心配。でも、本人がいくというのであれば、いっていいと思う」

次のページへ (2/3)
1 2 3