前澤友作氏 お見合い番組中止で「やめて正解」「何がしたい」賛否両論

ZOZOの創業者で前社長の前澤友作氏が30日、自身のツイッターを更新し、インターネットテレビ局「AbemaTV」のお見合い密着ドキュメント番組の出演を取りやめたことを報告し、AbemaTVも番組自体を中止することを発表した。この件を受けてツイッター上では、前澤氏の行動に対して様々な意見が寄せられている。

前澤友作氏【写真:Getty Images】
前澤友作氏【写真:Getty Images】

AbemaTVで予定した「お見合い密着ドキュメント」の出演中止で番組自体中止に

 ZOZOの創業者で前社長の前澤友作氏が30日、自身のツイッターを更新し、インターネットテレビ局「AbemaTV」のお見合い密着ドキュメント番組の出演を取りやめたことを報告し、AbemaTVも番組自体を中止することを発表した。この件を受けてツイッター上では、前澤氏の行動に対して様々な意見が寄せられている。

 この日、正午に更新されたツイッターで前澤氏が「この度、私の個人的な事由により、AbemaTVさんの「Full Moon Lovers」への出演ならびに放送を中止していただく旨、AbemaTVさんに申し出ました。真剣に出演させていただくことを決めたものの、どうしても最後まで自分の気持ちを整理することができませんでした。」と投稿した。

 続けて「27,722人もの方が真剣に考え、時間を割き、ご応募してくださったことを思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、この中途半端な気持ちのまま番組に臨むことは、参加してくださる皆さまに大変失礼であると考え、身勝手ではありますが、中止のお願いをさせていただきました。」と連投した。この投稿を受けて、AbemaTVは公式リリースで、番組自体を中止することを発表し、前澤氏もこのリリースを取上げて「お見合いにご応募いただきました皆さま、そしてAbemaTV関係者の皆さまには、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。」とツイートした。

 今回の投稿は各メディアが速報として伝えたが、前澤氏の投稿に対して、現在も賛否両論のコメントが寄せられている。

 前澤氏の今回の決断に賛同する意見としては、「その方がいい」「仕方ないと思う」「英断だと思います」「間違ってないと思います」「相手にとっても前澤さんにとっても良い結果にならない」「迷いが有るならやめて正解」「恋愛ってムリしてするものじゃない」「前澤さん、自分の気持ちを大切にしてください」といった、このまま進むよりも決断したことに対しての評価ととれる意見が多い。

 一方で前澤氏の決断に異論を唱える意見も多く、「残念なお話です」「募集される前に決断できたらよかった」「応募した人本当に可愛そう」「だったら企画自体を受けて欲しくなかった」「応募者、番組スタッフは時間をより多く割いてる」「もう少し早く気づくべき」「何がしたいんだ」「決めたことはやりましょう」といった前澤氏への単なるバッシングではなく、今回の企画の参加に至るまでの経緯をチェックした上での冷静な意見も多く見られる。

 他には、「27,722人が一気に失恋した・・!」「お好きにやれば」「放送はしなくてもお見合いはさせてあげて」「世の中結婚がすべてではありません」「素敵な出会いを願ってます」といった様々な感想が寄せられ、前澤氏の一挙手一投足が気になる様子がうかがえる。

次のページへ (2/2) 前澤友作氏の最新動画
1 2