森崎ウィン 映画「キャッツ」と身近な存在となったクラシックの面白さを語る

俳優・高橋克典がクラシック音楽の魅力を楽しく分かりやすく伝える番組「ららら♪クラシック」次回31日の放送は「キャッツ」と作曲家のロイド・ウェバーを特集する。そこで、スタジオ・ゲストの俳優・森崎ウィンと歌手・高橋あず美、楽曲解説を行った音楽プロデューサー・蔦谷好位置に今回の番組の見どころや公開中の映画「キャッツ」についてのエピソードなど2回に渡ってインタビューを紹介。前編は森崎ウィンに「キャッツ」の吹き替えを担当することとなった意外なきっかけや番組収録を終えた感想などを聞いた。

スタジオゲストの森崎ウィンと高橋あず美 (C)NHK
スタジオゲストの森崎ウィンと高橋あず美 (C)NHK

「ららら♪クラシック」特集インタビュー「キャッツとロイドウェバー」前編

 俳優・高橋克典がクラシック音楽の魅力を楽しく分かりやすく伝える番組「ららら♪クラシック」次回31日の放送は「キャッツ」と作曲家のロイド・ウェバーを特集する。そこで、スタジオ・ゲストの俳優・森崎ウィンと歌手・高橋あず美、楽曲解説を行った音楽プロデューサー・蔦谷好位置に今回の番組の見どころや公開中の映画「キャッツ」についてのエピソードなど2回に渡ってインタビューを紹介。前編は森崎ウィンに「キャッツ」の吹き替えを担当することとなった意外なきっかけや番組収録を終えた感想などを聞いた。

 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。“現代のモーツァルト”の異名をもつ作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーの代表作が「レ・ミゼラブル」のフーパー監督を迎え実写映画化。日本では24日に全国で公開となった。日本語吹替え版で若いオスの黒猫「魔術師ミスター・ミストフェリーズ」を担当したのは俳優・森崎ウィン。2018年に公開されたスピルバーグ作品「レディ・プレイヤー1」でハリウッドデビューし、19年は「蜜蜂と遠雷」で若きピアニストを演じるなど、何かとクラシックにも縁がある、いま勢いに乗る若手俳優だ。

――番組の収録はいかがでしたか?

森崎「広いスタジオで、奥に見えるオーケストラブースが神々しい感じで、その前にピアノがあって、今まで味わったことのない緊張感がありましたね。高橋克典さんをはじめ、石橋(亜紗)アナウンサーに温かく迎え入れていただき、解説をしていただいた音楽評論家の室田(尚子)さんからも色々と聞くことができて、非常に勉強になりました」

――収録の合間にどんなお話をされていたのでしょう

森崎「室田さんから普段聞けない情報をお話いただきました。いま演じている舞台のエピソードだったり、あ、こういうところからきてるんだとか」

――森崎さんの「キャッツ」との出会いは?

森崎「2019年の3月にロサンゼルスに行ったときに、少し時間が空いたので本場のミュージカルを体感したくて、ちょうどやっていたのが『キャッツ』だったんです。それを見て圧倒されまして、その時にガスを紹介する曲がすごく好きになって、『これいい!』ってたまたまインスタグラムにアップしたんです。そしたら今回の吹き替え担当の方が僕のインスタを見てくれて『オーディションを受けませんか?』って声を掛けて下さったんです。いつかはやってみたいと思っていたので、まさかの吹き替えをやるチャンスをもらい、いやあ世の中ってこういうことあるんですね?(笑)」

――実写版のアフレコをやってみていかがでしたか?

森崎「ほぼ初めてだったので、すごく緊張しました。事前にいただいた情報をもとに一つひとつ練習をしましたが、やってもやっても『これでいいのかな?』とか大変でした。でも、できることは精一杯やって現場に臨みました。実際にやってみると、声優さんの凄さをあらためて感じましたね。本当に声一本でやっているつもりでも、実際にブースに出てスピーカーでチェックすると『あれ?伝わってこない』『セリフが聞こえない』『こういう感情で歌っているのに…』とか、声だけで全てを乗せるって、責任重大だったし、恐怖でもありましたし、その難しさをはじめて知りました」

――今回の収録を通して改めてキャッツについて勉強してみたいと思ったことは?

森崎「キャッツの初演が81年ということで、80年代の時代背景だったり歴史、その時にどんなことが起きたのかなど、知りたくなりました。そういった原点からあらためて作品に込められたメッセージを知りたくなりましたね」

――ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2(2月1日~)にもご出演されるとお聞きしました。ミュージカルとの出会いは?

森崎「20歳のときにお付合いしていた彼女から、ホワイトデーのお返しに劇団四季さんの『美女と野獣』のチケットをプレゼントされて見に行ったんですが、すごく魅了されて、最近では城田優さんの『ピピン』もチケットを取って見に行って、『こういうのをやってみたい!』って高揚させられました。自分は事前に勉強してってタイプではなく『これがいい』と思ったら、どんどん行動して吸収していく、そんな感覚的な人間なんです」

次のページへ (2/3) 最近クラシックと縁の深い森崎
1 2 3