山本譲二も太鼓判!19歳演歌大型新人・青山新がお披露目会「夢は紅白」

新人の演歌歌手、青山新(19)が29日、都内で行われたデビュー前のお披露目会に登場した。

熱唱する青山新
熱唱する青山新

テイチクエンタテインメント創立85周年・芸映創立60周年記念アーティスト

 新人の演歌歌手、青山新(19)が29日、都内で行われたデビュー前のお披露目会に登場した。

 デビュー曲「仕方ないのさ」を披露した青山は「5年間修業してきた。1曲1曲を大切に、聞いてくださる方に感動して頂けるように歌っていこうと思います」と語ると、「地元の浦安でソロコンサートをやってみたいです。(将来は)紅白歌合戦に出場できるように頑張ってまいります」と夢を語った。

 テイチクレコードから2月5日にデビューする青山は“テイチクエンタテインメント創立85周年・芸映創立60周年記念アーティスト”として、新時代の歌謡界の期待を背負う。

 この日、青山のもとには、テイチクレコードの先輩である演歌歌手の山本譲二が応援に駆けつけ、「あのね、新、俺よりうまく歌っちゃだめだよ」と笑わせると、「自分は24歳でデビューして、北島(三郎)のオヤジのところに行くんですが、『下手くそだな』としょっちゅう言われていた。(青山は)19歳でよく、こういう歌を歌えるなと立派だと思いました。歌っていけばもっと磨きがかかると思う」と太鼓判を押した。

 テイチクの“創立記念アーティスト”としては、2004年の創立70周年記念アーティスト、北山たけし以来の大型新人。芸映の男性演歌歌謡アーティストのデビューは1976年の角川博以来となる。

 芸能界を生き抜く上でのアドバイスを聞かれた山本は「今から39年前に同じ質問を、北島のオヤジに聞いたんですよ。『やっと、自分、売れました。歌で将来を追いたいです。何か秘訣はありますか』と聞いたら、オヤジから『秘訣なんてないよ。ひとつだけ言えるならば、人間性かな』と言われました。その言葉をそっくり青山新に伝えたいと思います。やっぱり、かわいがってもらわないと。人間性がよくないと、かわいがってもらえない。今の気持ちを忘れないで、頭を下げていれば、悪いことは起こらないから」とエールを送った。

 さらに、山本は「テレビにいっぱい出て、顔と歌を売らないと。問題は売れてからですよ。頑張って、1枚でもCDを売り倒すという根性で。人が集まったら、歌えばいいんだよ。アカペラで。体には気をつけろよ。20歳になったら、酒を飲もう。吉幾三と。やかましいけど、面白いから」と呼び掛けていた。

次のページへ (2/2) 山本譲二が激励
1 2