STU48インタビュー 【第1弾】岩田陽菜×門脇実優菜 4thシングルに乗せた「夢」の先に―

 瀬戸内7県(兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛)を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、1月29日に4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」をリリース。待望の船上劇場「STU48号」の完成、初の全国ツアー開催、2期研究生の加入など激動の2019年を経て迎えるグループ4年目の2020年、彼女たちはどのような成長曲線を描くのか。STU48インタビューシリーズの第1弾は、岩田陽菜、門脇実優菜の「たまぴよ」コンビを直撃した。

インタビューに応じた門脇実優菜(左)と岩田陽菜【写真:山口正人】
インタビューに応じた門脇実優菜(左)と岩田陽菜【写真:山口正人】

【インタビュー|Part1】「無謀な夢は覚めることがない」はSTU48の“変化”の序章

 瀬戸内7県(兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛)を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、1月29日に4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」をリリース。待望の船上劇場「STU48号」の完成、初の全国ツアー開催、2期研究生の加入など激動の2019年を経て迎えるグループ4年目の2020年、彼女たちはどのような成長曲線を描くのか。STU48インタビューシリーズの第1弾は、岩田陽菜、門脇実優菜の「たまぴよ」コンビを直撃した。

――1月29日発売の4thシングル曲「無謀な夢は覚めることがない」を最初に聴いた時の印象を訊かせてください。

岩田陽菜(以下、岩田)「STU48は今まで穏やかな、静かな感じの曲が多かったんですけど、今回は最初からインパクトのある音楽になっています。ギャップのある力強いテイストにびっくりしました」

門脇実優菜(以下、門脇)「私は仮歌を頂いて聴いた時に、直感で『あっ、いいな!』と。メロディーからして私好みの曲で、すぐに魅了されてしまいました。これからのSTU48が変わりそうだなと思いましたね」

――キレのあるダンスで知られる門脇さんには、この曲はいっそう合いそうですね。

岩田「たしかに!」

門脇「聴いた瞬間から踊りたくなってしまいますね。気持ちが盛り上がってきて、よし、よし、行くぞ!って」

岩田「カッコいいから盛り上がるよね」

4thシングル曲「無謀な夢は覚めることがない」(C)STU/KING RECORDS
4thシングル曲「無謀な夢は覚めることがない」(C)STU/KING RECORDS

――MVは瀬戸内屈指のインスタスポット「父母ヶ浜」と、神秘的な風景の「牛窓オリーブ園」で撮影されました。テイク回数は100回を超えたそうですね。

岩田・門脇「100回超えていたんですね!」

門脇「撮影中は分からなかったです」

――MV撮影で印象に残っていることはありますか?

岩田「12月の冬の海ということで、私はカイロをお腹に2枚、背中に3枚貼っていたんですけど、それでもすごく寒くて。裸足での撮影だったので、足が凍結してしまうんじゃないかと思うくらいでした。でも、足湯を用意して頂いたり、メンバーと同じ思いになるということから、スタッフさんはスリッパ、ダンスの先生も裸足で臨んでくださって、皆さんの気遣いが身に沁みました」

門脇「(父母ヶ浜は)すごく綺麗な場所でした。撮影の時は足も冷たくて、疲労感もあったので本当に辛くて。ただ、出来上がったMVを見ると、やって良かったなと思いました。辻本(知彦)さんが振り付けしてくださるMVは全部大変だなって(笑)。(2ndシングルの)『風を待つ』の時も過酷でしたけど、その分良いものが作れているのが嬉しいです」

次のページへ (2/3) お気に入りを語る
1 2 3