イケメン俳優・塩野瑛久の“ストイック”生活が明らかに…舞台共演者「いい体している」

俳優の塩野瑛久が主演を務める、DisGOONie公演の舞台「DECADANCE」-太陽の子-の初日囲み取材が24日、都内で行われた。塩野に加え、キャストの長妻怜央、猪野広樹、小南光司、白本彩奈が登壇した。

舞台「DECADANCE」-太陽の子-(左から)白本彩奈、猪野広樹、塩野瑛久、長妻怜央、小南光司
舞台「DECADANCE」-太陽の子-(左から)白本彩奈、猪野広樹、塩野瑛久、長妻怜央、小南光司

舞台「DECADANCE」-太陽の子- 初日迎えて「本当にうれしい」

 俳優の塩野瑛久が主演を務める、DisGOONie公演の舞台「DECADANCE」-太陽の子-の初日囲み取材が24日、都内で行われた。塩野に加え、キャストの長妻怜央、猪野広樹、小南光司、白本彩奈が登壇した。

 本作は、作・演出の西田大輔氏による、魔女伝説のルーツを探る少年たちの冒険物語だ。公演初日を「EX THEATER ROPPONGI」で迎えることになり、座長を務める塩野は「こうして初日を迎えられて本当にうれしいです。物語が加速するにつれて、キャストそれぞれのよさを引き出してくれる舞台です」と自信を込めた。

 稽古場の様子について、塩野は「怒涛の日々だったので、なかなかわちゃわちゃできる時間はそんなになかったですが、行ける時はご飯に行ってリラックスしていました」と振り返った。道化師役の小南は稽古期間中にマジックを8個覚えたといい、塩野は「アッと驚かされるマジックを披露してくれて、しっかりと役作りをみせてくれました」と語った。

 座長を務める塩野のリーダーシップについて、猪野は「顔合わせの時に、『絶対に怖い奴だ』と思っていましたが、意外と気さくで、助かりました。本人は座長感がないと言っていますが、頼りがいのある座長です」と話した。塩野の“ストイック”な生活も披露された。小南が男性キャストの中で、「4人の中で一番いい体をしている」と明かすと、白本は「ずっと鍛えていたし、野菜しか食べていなかった。ドレッシングまでつくって持ってきていて」と驚いた様子。ここで小南が「でも、こないだ楽屋に入っていったら、マドレーヌを食べているのを見た」と暴露。塩野は「甘いものを食べるための野菜スティック!」と笑わせた。
 
 塩野は、大手芸能事務所オスカープロモーションが手掛ける男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」の副団長を務めている。放送中のテレビ東京ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」にもレギュラー出演しており、“キケンな香りのイケメン”として注目が集まっている。

次のページへ (2/2) イケメンが光るギャラリー
1 2