【インタビュー】福原遥と大原優乃がドラマ「ゆるキャン△」撮影裏話を披露 福原ボロ泣きの理由とは…

コミックが250万部を突破し、TVアニメ化もされた大人気作品「ゆるキャン△」。9日からテレビ東京で実写ドラマがスタート(1月クール木ドラ25、毎週木曜 深夜1時~1時30分)し、早くも話題沸騰となっている。主人公の志摩リン役を演じる福原遥、リンと出会ったことでキャンプに惹かれる女子高校生・各務原なでしこ役の大原優乃が、合同インタビューで話題作の撮影裏話を明かしてくれた。

プライベートでも仲良しの福原遥(右)と大原優乃
プライベートでも仲良しの福原遥(右)と大原優乃

テレビ東京ドラマ「ゆるキャン△」福原遥&大原優乃インタビュー〈前編〉

 コミックが250万部を突破し、TVアニメ化もされた大人気作品「ゆるキャン△」。9日からテレビ東京で実写ドラマがスタート(1月クール木ドラ25、毎週木曜 深夜1時~1時30分)し、早くも話題沸騰となっている。主人公の志摩リン役を演じる福原遥、リンと出会ったことでキャンプに惹かれる女子高校生・各務原なでしこ役の大原優乃が、合同インタビューで話題作の撮影裏話を明かしてくれた。

――まず最初に、原作を読んだ感想をお願いします。

福原「キャンプって本当に楽しそうだなって素直に思いました。キャラクターも1人1人個性的で、かわいらしい、愛らしい子ばかりなので、みんなに癒やされました。悪い人が1人も出てこないのもこの作品の素敵なところだと思います」

大原「キャラクターが全員かわいくて、お話に起承転結があるわけではないのに、成立してしまう『ゆるキャン△』の世界観がすごいと思いました。誰かが怪我をしたり、病気になったりとか、そういうことがなく、ずっと平和に笑顔で続いているので、そこは大切にしたいなと思いましたね」

――昨年も共演したドラマと映画が公開されましたが、再び共演が決まった時はどう思われましたか。

福原「めちゃくちゃ嬉しかったです!」

大原「やったー!(2人で爆笑)」

福原「中学生の頃から雑誌で一緒になる機会があって、その後も映画『4月の君、スピカ。』(2019年公開)、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で一緒だったので、こんなに共演する役者さんはあまりいないじゃないですか。また共演できて嬉しかったですね。しかも役っていうよりも、リンちゃんとなでしこの関係性が私たちと同じような関係性といいますか、プライベートでも仲良くさせてもらっているので安心感があります」

――大原さんは福原さんとの再共演いかがでしたか。

大原「プライベートの遥ちゃんを見ていることが多かったので、座長として現場に立っている姿を見て、1人1人への平等な気遣いであったり、1番シーンも多くて大変なのに、弱音を吐かずに現場を引っ張っている姿が本当にカッコよかったです。遥ちゃんのまた新しい姿を見れたみたいで、やっぱり尊敬する方だなと思いました」

福原「(照れながら)とても嬉しいです。クランクアップの日は、みんなは先にアップしていて、私が最後1人だったんですよ。優乃も前日にアップしたはずなのに、東京から現場まで会いに来てくれて、お花を渡してくれたんです。ボロ泣きでした」

大原「会いたくて行っちゃいました(笑い)」

――撮影などでキャンプを体験して感じたことは。

福原「クランクイン前にみんなでキャンプの練習をしたんです。それが本当に楽しくて、みんなと深く会話をできたのもそこからでした。テントを5分以内に組み立ててみよう!とかやったりして、キャンプってこんなにも皆の絆を深めてくれるものなんだなと感じました」

大原「私は事務所のスタッフさんにキャンパーの方がいて、連れて行ってもらったことがあるんですが、今回この作品は自分でテントを組み立てて、自分で焚き火をして、自分でやることの楽しさを教えてもらいました」

――キャンプの大変さは感じませんでしたか。

大原「四尾連湖で撮影した時の宿は、電波が届かなかったり、コンビニまで片道30分くらいかかるほど山奥だったんです。キャンプでは火を焚くことから大変なので、日常の有難みをキャンプを通して体感させていただきました。クランクアップして東京に帰ってきたら、なんか申し訳なく思うぐらい、便利な世の中だなって思いましたね(笑い)」

福原「いろんなキャンプグッズがあるので、それに毎回みんなで感動しました。焚き火をしてあったまるとか、温かいスープを飲むとか普通のことでも、こんなに幸せを感じられるんだなって実際にキャンプを経験して思いました」

――福原さんが演じるリンは、ソロキャンプが趣味の女子高生なので、道具を扱い慣れていないといけません。

福原「テントを組み立てるのが大変でした…」

大原「人一倍練習してたよね」

福原「リハーサルが4回ほどあったんですが、お部屋で組み立てたりとか、早くできるように頑張りました」

――大原さんが演じるなでしこは食べるシーンが多いと思いますが、特に美味しかったものはなんでしょう。

大原「スモアがとても美味しかったです。チョコビスケットに焼きマシュマロを挟んで、ビヨーンってするシーンが原作にもあるのですが、あれは本当に美味しかったです。それと(撮影地の)身延町の方がたくさん身延饅頭を差し入れしてくださって、ずっと身延饅頭を食べていました。役じゃない時に(笑い)」

〈後編に続く〉

□福原遥(ふくはら・はるか) 1998年8月28日、埼玉県生まれ。21歳。小学1年生で芸能界デビューし、「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」(NHK教育テレビ)で一躍人気者に。近年はドラマ・映画に多数出演し、2019年は映画「4月の君、スピカ。」で主演を務めた。また同年8月には「未完成な光たち」で待望のソロ歌手デビューを果たした。

□大原優乃(おおはら・ゆうの) 1999年10月8日、鹿児島県生まれ。20歳。2009年11月に「Dream5」としてデビュー。女優としては2019年に「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)で連続ドラマデビューを果たした。2020年2月には最新カレンダー「Yuno Ohara Calendar 2020‐2021」が発売される。

(イシイ ヒデキ/Hideki Ishii)

次のページへ (2/2) ドラマ衣装の全身ショット
1 2