藤井聡太2冠の勝利の方程式とは? 王位戦第2局はどこが良かった? 真田圭一八段分析

藤井聡太2冠に豊島将之2冠が挑む、将棋のお~いお茶杯第62期王位戦七番勝負第2局が7月13、14日に「花月会館」(北海道旭川市)で行われ、藤井2冠が豊島2冠に102手で勝利。対戦成績を1勝1敗とした。藤井2冠の勝利のパターンの分析をしつつ、この第2局を振り返る。

藤井聡太2冠【写真:ENCOUNT編集部】
藤井聡太2冠【写真:ENCOUNT編集部】

“天敵”豊島2冠が相手

 藤井聡太2冠に豊島将之2冠が挑む、将棋のお~いお茶杯第62期王位戦七番勝負第2局が7月13、14日に「花月会館」(北海道旭川市)で行われ、藤井2冠が豊島2冠に102手で勝利。対戦成績を1勝1敗とした。藤井2冠の勝利のパターンの分析をしつつ、この第2局を振り返る。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 藤井2冠は棋聖戦のタイトル防衛にホッとする間もなく、王位戦の防衛戦が始まっている。相手は豊島2冠。対藤井戦で高い勝率を誇る“天敵”ともいえる相手だ。しかも王位戦第1局では、珍しく序盤から藤井2冠が失敗してしまい、完敗とも言える内容で敗戦。タイトル戦で最も長い番勝負である七番勝負は、先後1局ずつの2局でワンセット、という考え方もあり、この第2局は藤井2冠にとってとても重要な一戦と位置づけられる。

経験が必要なはずの中盤戦が格段にうまい

 ところでこれだけ対藤井戦に勝つと、そろそろファンも「どうして豊島2冠だけが藤井2冠に勝てるのか?」に関心が集まってくるころだろう。そこで、私も改めてこれまでの藤井対豊島戦の内容を見返してみた。

 そこで感じたことは、一言で言えば藤井2冠の長所が封じられてしまっている、ということだ。藤井2冠の長所とは何か。藤井2冠の勝利局の基本的なパターンはこうだ。

 まず序盤。ここは情報戦のプロ棋界、序盤戦のレベルは全体的に高く、事前の研究を怠らなければそう簡単にはバランスは崩れない。藤井2冠も相当な研究はしているはずだが、今の時代序盤で差をつけて勝つことは難しく、むしろ良くするより悪くしないスタンスが重要だ。よって藤井2冠はデビュー以来、序盤は「互角以上」ぐらいの姿勢でいると私は見ている。

 そこから仕掛けが始まり、駒がぶつかる中盤戦。実はここに藤井将棋の最大の特徴があると分析している。自ら攻める場合もあれば、相手が先攻することもある。押し合い引き合いもあるし、中盤戦は仕掛け始めから玉を目指す終盤の入り口まで、さまざまな展開がある。戦法や玉型の違いで急所もまるで違ってくる。よって、一番経験が必要で上達するのに時間を要するのが中盤戦なのだが、そこが藤井2冠はデビュー当時から格段にうまかった。

豊島2冠相手だとペースを握れないことが多い

 イメージとしては、序盤は最新型で互角の展開。そこから駒がぶつかり中盤となり少し経過すると、いつの間にかリードを奪い、一旦奪ったリードは決して手放さず勝ち切る。そんな勝ち方を積み重ねて9割近く勝ちまくったのだ。

 今でも藤井将棋の本質的な組み立ては変わってないと思う。中盤がとにかく強いのだ。だが、その特徴が対豊島戦となると全く発揮できない。むしろ力強くて踏み込みのいい豊島将棋の長所が活きる展開が多く、ペースを握れないまま敗戦。こういう内容が両者の対戦では目立つ印象だ。他の棋士が対策を立てても決定打を見出だせない中、1人対藤井戦で充実した内容、高勝率を挙げている豊島2冠の実力は高く評価されてしかるべきだろう。

次のページへ (2/2) 王位戦第2局では藤井2冠の辛抱と終盤力が生きた
1 2
あなたの“気になる”を教えてください