田村淳“ガンプラ動画”に挑戦…「懐かしい」「宝物」「ギャンのチョイス渋い」ファン反応

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳が、自身のYouTubeチャンネルで、「ガンプラ」に心を躍らせる動画をアップ。プラモファンやガンダムファンの心をくすぐっている。

田村淳
田村淳

YouTubeチャンネルで“史上最低動画”と銘打って動画アップ ファン心くすぐる反響

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳が、自身のYouTubeチャンネルで、「ガンプラ」に心を躍らせる動画をアップ。プラモファンやガンダムファンの心をくすぐっている。

 淳は「ロンブーチャンネル」に【#淳のダンボール 史上最低動画】のタイトルで動画を公開。淳は真夜中の自宅の書斎スタジオに、1人で登場。実家から送られてきたという段ボール4箱をあける。中には、大量のガンダムのプラモデルが。

「俺が好きな」というガンキャノン、シャア専用ゲルググ、グフやドムなどなど。「こんな実家に眠っていたのか」と驚きの様子だ。淳が手に取ったのは、「マ・クベ専用ギャン」。小声でいろいろな話をしながら、プラモデルを組み立てようと悪戦苦闘する様子を公開した。

 背景の壁には、サッカー元ブラジル代表カカのACミラン時代の「22番」とみられるユニホームが飾られている。
 
 動画がアップされたのは15日。視聴回数は11万を突破している。

 コメント欄には、「懐かしい初期のガンプラがたくさん出てて懐かしく思いました」「懐かしいですねぇ~ 当時、流行ってて、量産型ザクが手に入らなくて、ムサイとかしか買えなかったんだよね」「ガンプラ良いですね 昔のプラモ価値が有るんじゃ無いですか?宝物ですよ!」「なぜニッパでカットしない 初期の300円プラモはガンプラ塗料買うのが色々大変だった」「ギャンのチョイスが渋い」「ガンプラは懐かしい。35年以上前で当時ドラクエ並みに並んで購入したのを覚えています」「ブーム当時のガンプラはとにかく品薄で手に入り難かった」などと、熱いコメントが続々と寄せられている。

次のページへ (2/2) 段ボールからガンプラ動画
1 2