長渕剛、復帰舞台で会場からの“剛コール”に「コンサートじゃないんだから」主演映画公開で喜び

シンガーソングライターの長渕剛が主演する映画「太陽の家」(権野元監督)の公開記念舞台挨拶が1月18日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日比谷で行われ、昨年12月に急遽急性腎盂腎炎で入院していた長渕が完全復活をアピールした。

長渕剛が主演舞台挨拶でファンから贈られた花束を笑顔で受け取る
長渕剛が主演舞台挨拶でファンから贈られた花束を笑顔で受け取る

映画「太陽の家」公開記念舞台挨拶

 シンガーソングライターの長渕剛が主演する映画「太陽の家」(権野元監督)の公開記念舞台挨拶が1月18日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日比谷で行われ、昨年12月に急遽急性腎盂腎炎で入院していた長渕が完全復活をアピールした。

 本作は昨年、デビュー40年を迎えた長渕の「英二」(1999年)以来、20年ぶりの映画主演作。人情に厚く、大工の腕は神技的な棟梁(長渕)が、シングルマザーの保険会社の営業ウーマン(広末涼子)、1人息子の龍生(潤浩)の交流を描く。

 舞台挨拶では、長渕を始め、飯島直子、山口まゆ、潤浩、瑛太、広末涼子、権野元監督の「太陽の家ファミリー」が勢ぞろい。やんちゃで熱いが、どこか憎めない主人公・川崎役を演じた長渕は剛コールが飛び交う中、「コンサート会場じゃないんだから、少しは考えろよ。心配かけちゃったんけど、もう全快しました」と挨拶し病気の完治と映画公開の二重の喜びを喜んだ。

 映画「太陽の家」はTOHOシネマズ日比谷他にて全国で公開中。

次のページへ (2/2) 復活の「カッコいい!」長渕剛 全身ショット
1 2