田中圭 役作りをしない理由を告白「限界があるじゃないですか」

映画「mellow」(全国公開中)の初日舞台挨拶が17日、都内で行われ、主演の俳優・田中圭、女優の岡崎紗絵が登場した。

松木、志田、岡崎、田中、ともさか、白鳥、今泉監督(左から)
松木、志田、岡崎、田中、ともさか、白鳥、今泉監督(左から)

映画「mellow」初日舞台挨拶に登壇

 映画「mellow」(全国公開中)の初日舞台挨拶が17日、都内で行われ、主演の俳優・田中圭、女優の岡崎紗絵が登場した。

 街で一番オシャレな花屋「mellow」と、廃業寸前のラーメン屋を舞台に、さまざまな恋愛模様を描いていく、不器用な片想いたちの物語。花屋の店主・夏目誠一を田中が、ラーメン屋を営む木帆を岡崎が演じている。舞台挨拶には2人のほか、志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、今泉力哉監督が登壇した。

 SNS上では、これまでに開催された試写会で本作を見た人たちからの絶賛コメントが口コミを呼んでいる。

 田中は「着眼点がすごいなというか、大きな出来事って特になく、日常に当たり前にあるようなことを丁寧に丁寧につむいでいる。好きに何でも書いていいって言われて、できたんですね? すごいっすね、こんなあったかいストーリーをどういう方が書くんだろうなって、最初はそこに興味がいきました」と、脚本も兼ねた今泉監督を称賛した。

 司会からは役作りについて「基本的に事前の役作りをあまりされないとうかがっているんですけど、今回も同じように?」と問われた。

 田中は「役作りをしないというか、しようがない。限界があるじゃないですか。だからしないっていう、それだけなんですけど、今回も特にしてないです。現場で監督とかみなさんと一緒に1つひとつシーンを作っていったほうが、そこで生まれる夏目のほうが自分で決めていくよりは結果いいんじゃないかなっていうのがありまして」と、笑顔で話した。

 主人公は当初、今泉監督のアイデアではモテキャラではなかったものの、最終的には、周囲からの視線を浴びる存在になった。

 このことについて、田中は「ふと気づいたことがあって、実はそこまでモテてないなと。思いを告げて満足できる人というか、ちょっと好きだけど、そんな好きにならないぐらいのちょうどいいヤツっていう、ちょうどいいモテ具合。これから恋愛していく、練習台みたいな。でも、そういう独特のモテ方というか、好意の寄せられ方とか、そういう人にはたぶんそういう理由がきっとあって、それは優しさだったり、寄り添ってくれたりとか、でも押しが弱いとか、恋まで発展しない手前の人という感覚がボクには若干ありました」と印象を語った。

 一方、岡崎は「この映画に参加させていただいて、日常というのをすごく大切にされていて、日常の切り取りが積み重なっていて、セリフの言い方だったりとか、しぐさだったり、そういう日常を取り込むことがすごく大切で、いざ現場でやってみてって言われると、すごく難しくて新しい挑戦だったんですけど、監督が出してくださる空気だったり、すごく優しい空気感の中で挑戦ができて、自分の中ですごく刺激になりましたし、引き出しが増えた感じがして、すごくありがたかったです」と振り返った。

 今泉監督は「岡崎さんもそういう話を自ら現場でしてこないんですけど、日常ということを含めて自分の普段の会話を録音してくれてたみたいで、それをあとで知ったり、あとラーメンも、道具を買って家で練習してたらしくて、わざわざアピールするわけでもなく、それも公開に向けての取材の中で、取材された雑誌とか俺が読んで知るっていう、一番いい知り方というか、すごく嬉しかった」と”見えない努力”を絶賛。木帆の設定についても、岡崎の持ち前の明るさがプラスに影響したとし「木帆というキャラクターはやろうと思えばどこまでも暗くできるキャラクターだったんですけど、岡崎さんの温度で木帆ができていたった」と、感謝した。

 また、インパクトある役を演じたともさかは「あまり演じる上で、面白いことをやろうという意識はなく、努めて真面目にやったつもり。でも第3者の目でみると、当たり屋みたいな人じゃないですか。不憫、申し訳ないなと思ってやってました」と、演技に臨んだ心境を明かした。

 最後に田中は「誰かを思うだけであったかい気持ちになる。みなさんはメロウな気持ちになっていると思うので、ぜひあったかい気持ちで、ラーメン食べて、誰かのことを思って、ちょっと花屋さん寄ってお花見てくれたらいいなと思います」と集まった女性ファンに呼びかけた。

次のページへ (2/2) ともさかの美脚!
1 2