ガラッと雰囲気が変わったシシド・カフカ…初主演ドラマで探偵役「毎日とがりながら撮影」

ミュージシャン、女優、モデルのシシド・カフカらが17日、東京・渋谷のNHKで行われたドラマ「ハムラアキラ」(1月24日スタート、金曜午後10時~)の出演者会見に登場した。

会見するシシド・カフカ【写真:山口比佐夫】
会見するシシド・カフカ【写真:山口比佐夫】

間宮祥太朗、中村梅雀とともにNHKドラマ「ハムラアキラ」出演者会見に登場

 ミュージシャン、女優、モデルのシシド・カフカらが17日、東京・渋谷のNHKで行われたドラマ「ハムラアキラ」(1月24日スタート、金曜午後10時~)の出演者会見に登場した。

 シシドは「初めて主演をやらせて頂いています。スタッフ、出演者に支えられながら、毎日、楽しく、とがりながら撮影をしています。(ドラマでは)人間のもろさや、普段出てこない怖さが出ていると思います。そういった心情を楽しみながらご覧頂けたら」と話した。

 同作は、ミステリー作家・若竹七海が20年以上にわたって描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」を初めてテレビドラマ化したもの。シシドが演じる主人公・葉村晶は34歳独身で、ミステリー好き。生活は質素で、訳ありの転職、転居を繰り返してきた。ミステリー専門書店のバイトをする一方で、書店のオーナーが冗談で始めた“探偵社”の調査員として働いている――という物語。

 ハードボイルドな探偵役について、シシドは「(主人公に対して)一番、最初に感じたイメージは足癖の悪さだった。きれいに脚をそろえて座らない、わざわざ、男の人のように座ってみせるのが、強く見せるやり方だと思いました。自分もこれまで音楽をやってきて、男の人が多い中で、どれだけ自分を大きく強く見せるかということに躍起になっていた時期もあった。そういうところはつながるところがあると思います」と語った。

 共演する間宮祥太朗は、シシドについて「(最初は)カフカさんがどんな方か、わからなくて、嫌われたらどうしようかなと思っていました。でも、現場で軽快なトークをしてくれた。最近、カフカさんが笑ってくれるんだと思って、会話のすきを見て、笑わせようとしています。もうすぐ撮影が終わるんですが、もっと、音楽や文学の話をしたいなと思いました」と明かした。

 また、中村梅雀は「(物語が)ものすごくディープで、ものすごくダークで、とても生命力にあふれたものです。今までの『ドラマ10』を覆すパワーを持っていると思います」とアピールした。

次のページへ (2/2) シシド・カフカの全身ショット
1 2