日本初!ひかりんちょ含む10代インフルエンサーたちが、Z世代向けのマーケティング・PR集団を結成!

インフルエンサーでモデル・プロデューサーのひかりんちょが16日、「超十代」が新たに立ち上げたティーンの流行を発信するチーム「TRENDTEENs(トレンドティーンズ)」に参加することを発表した。

「TRENDTEENs」第1弾メンバー
「TRENDTEENs」第1弾メンバー

10代に人気のインフルエンサーたちがZ世代向けマーケティング・PRチーム「TRENDTEENs」を結成

 インフルエンサーでモデル・プロデューサーのひかりんちょが16日、「超十代」が新たに立ち上げたティーンの流行を発信するチーム「TRENDTEENs(トレンドティーンズ)」に参加することを発表した。

 10代に絶大な人気を誇る日本のフェス「超十代」を運営する(株)超十代と、イベントの企画や、ひかりんちょをはじめ、10代に影響力を持つインフルエンサー、VTuberなどが在籍する(株)KOUENが、ティーンのためのマーケティングチーム「TRENDTEENs」を立ち上げた。

 いわゆるZ世代と呼ばれるティーンの動向をキャッチしていくことは、いつの時代も企業の課題である。そんなティーンに最も近い距離で活動する10代のインフルエンサーが主体となり、TRENDTEENsを通して、これまでにない手法でマーケティング、情報収集、PR活動を展開していく。参加メンバーは、10代インフルエンサーの中でも圧倒的な発信力を持つひかりんちょをはじめ、浅見めい(クレイジーマグネット)、なえなの、karen.、8467(やしろなな)など、それぞれが10代の仲間を代表して、意見や考え方を積極的に発信できるメンバーが第1弾として選ばれた。

 ひかりんちょは、ダイハツ工業の宣伝プロデューサーに就任し、SNS、YouTubeを活用した企画を考案。これまで届かなかったターゲット層への訴求を実現させるなど、企業と若い世代をつなげる役割を果たしてきたが、TRENDTEENsでは、他のメンバーとともに、その影響力をさらに増してチームを強化していく。

 TRENDTEENsはすでに大手企業から10代の意見をヒヤリングしたいという宣伝チームとTRENDTEENsメンバーとのミーティングを予定しているという。このような会議から参加してもらうことも可能だそう。

 最近では、ゆうこすのようなインフルエンサーであり企業家が注目されたり、佐藤ノアのようなITサービス「フィナンシェ」のアドバイザーになり企業家と接点を持つなど、インフルエンサーたちのビジネス参加が目立ってきている中で10代のインフルエンサーが集まったマーケティングチームは日本初となる。

 そんな初の試みとなるTRENDTEENsだが、果たして10代のトレンドをけん引していけるか、今後の活動に注目したい。

TRENDTEENs:https://trendteens.jp/

次のページへ (2/2) TRENDTEENsメンバーの全身ショット
1 2