美空ひばりさん33回忌で東京タワーが“ひばりさん色”に ライトアップ実現

フリーアナウンサーの徳光和夫が24日、都内で行われた、「美空ひばり33回忌記念 東京タワーライトアップ点灯式」で司会を務め、美空ひばりさんの長男でひばりプロダクション代表の加藤和也氏のもと点灯式が行われた。

徳光和夫(左)と加藤和也氏【写真:ENCOUNT編集部】
徳光和夫(左)と加藤和也氏【写真:ENCOUNT編集部】

美空ひばりさん33回忌、東京タワーが“美空ひばりさん色”に輝く

 フリーアナウンサーの徳光和夫が24日、都内で行われた、「美空ひばり33回忌記念 東京タワーライトアップ点灯式」で司会を務め、美空ひばりさんの長男でひばりプロダクション代表の加藤和也氏のもと点灯式が行われた。

 ひばりさんの33回忌で命日となる24日に、ひばりさんの名誉をたたえると同時に、芸術、文化、芸能、報道、観光及び、現在新型コロナウイルス禍の最前線で闘っている医療従事者の感謝を伝える場として、東京タワーを、ひばりさんのイメージカラーである紫色にライトアップした。昭和「33」年に完成した「333」メートルの東京タワーと、「33」回忌を迎え、タワー完成の翌年に「東京タワー」という楽曲を発表しているひばりさんとのコラボレーションとなった。

 同日に行われた、ひばりさんのファンが参加する「美空ひばり33回忌オンライン法要」の収益と協賛社の支援によって、今回のライトアップが実現。幼少のころからひばりさんと東京タワーに足を運んでいたという加藤氏は「東京タワーは私と母との思い出があります。少なく見積もっても20回は連れて行ってもらいました。親子にとって思い出の地です。母の生誕の地である横浜のマリンタワーも同時に紫色に点灯されます。母も空から感謝していると思います。医療従事者の方々や大変な思いをされている方々に癒やしを感じてもらえたら、母は喜ぶのではないかと思います」と話した。

 徳光は「ひばりさんの愛した紫色にライトアップされようとしています」と実況し、タワーが紫色に点灯する瞬間の10秒前からカウントダウンを行った。そして、点灯と同時にひばりさんの楽曲「東京タワー」が流れた。

 点灯式後の囲み取材に応じた徳光と加藤氏。徳光は歌番組でのひばりさんの思い出を披露。「ひばりさんが歌番組で『悲しい酒』を歌ったんですよね。歌い終わった後、ひばりさんが『失敗した』とひざをたたかれたんですけど、何を失敗したのかが分からなかったぐらい完璧主義者です」と明かした。

次のページへ (2/2) 【写真】紫色にライトアップ 東京タワーの実際の写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください