池上彰が奈良の魅力と“世界の粉モン”を徹底解説! ジャニーズWESTもびっくり

外国人観光客や関西在住の外国人たちは、意外な関西の楽しみ方を知っている。世界で品質を認められ、大ヒットしている関西発のブランドがある。そんな関西の魅力を、ジャーナリスト池上彰が徹底解説する番組「池上彰の関西人が知らないKANSAI」の第4弾が、1月14日にカンテレ(関西ローカル)で放送される。今回は奈良の魅力がテーマだ。

「池上彰の関西人が知らないKANSAI」 解説をする池上彰(C)カンテレ
「池上彰の関西人が知らないKANSAI」 解説をする池上彰(C)カンテレ

1・14放送「池上彰の関西人が知らないKANSAI」 奈良をテーマに“世界の粉モン”も池上さんが解説

 外国人観光客や関西在住の外国人たちは、意外な関西の楽しみ方を知っている。世界で品質を認められ、大ヒットしている関西発のブランドがある。そんな関西の魅力を、ジャーナリスト池上彰が徹底解説する番組「池上彰の関西人が知らないKANSAI」の第4弾が、1月14日にカンテレ(関西ローカル)で放送される。今回は奈良の魅力がテーマだ。

 これまで2017年6月、2018年3月、2019年1月に放送され、今回の第4弾。奈良は、外国人観光客がここ5年の間で3倍に急増し、昨年初めて200万人を突破。京都、大阪に次いで関西人気ベスト3に躍り出た。なぜいま奈良に外国人たちの熱視線が注がれているのか。奈良の魅力を外国人に教わる。また、外国人が自国のものよりおいしいと押し寄せる「世界の粉もん」の店も紹介。さらに、優れた品質が外国人に認められ世界でウケている関西発のブランドや、アミューズメント施設も紹介する内容だ。

 まずは、関西人が知らない奈良の魅力について池上彰が解説する。

 1300年の歴史を誇る奈良は歴史的建造物が多く、観光地として人気だが、宿泊客数は46位と全国最低レベル。しかし、ここ数年奈良を関西観光の拠点として選ぶ外国人が急増し「宿泊不人気奈良」のイメージを払拭しつつある。番組では、奈良に泊まる外国人観光客に密着し、彼らがどのような楽しみ方をしているかを探る。外国人たちが教える新しい奈良の楽しみ方を見て、ゲストのハイヒールリンゴは「こんなに奈良ってすごいんだ。今度泊まりに行こう」と驚いた様子だ。

 スタジオで池上は「なぜ奈良には鹿が多いのか」という話から派生して、「早起きは三文の徳」という言葉の由来を解説。池上解説に感銘を受けた平祐奈は「あした誰かに教えたくなりました」と目を輝かせると、池上は「しかと覚えたでしょう?」と鹿に絡めたジョークを飛ばし、スタジオを和ませていた。

 また、フランス人が絶賛する「ガレット」や、イタリア人が夢中になる「揚げピザ」など、関西で食べられる「世界の粉モン」を紹介するコーナーでは、池上が大阪の粉もん文化の発展を担った「ソース」について解説。池上はブラックマヨネーズと3人で紙芝居を用い、ソース文化の発祥にまつわる物語を披露した。

 ぶっつけ本番で披露された紙芝居だったが、吉田の熱演と小杉が挟むアドリブが見事で、スタジオを沸かせた。池上は「ふたりが上手でね、息ぴったりでまるで漫才師みたいでしたね」と冗談を挟みつつも、「さすがプロの技だなと思いました。吉田さんがあまりにも上手なんで、小杉さんが思わずアドリブを言っちゃったというね」とブラマヨの紙芝居を大絶賛。小杉は「漫才師の域をこえるぐらい、力入ってましたね」と照れ笑いし、吉田は「僕の紙芝居の才能をいかんなく発揮させていただいた回でしたね」と自信をみせていた。

 さらに、世界で絶賛される関西発のブランドを紹介するコーナーでは、優れた品質が認められ世界的に躍進している関西発の繊維メーカーや、アメリカで出店依頼が殺到している関西発のアミューズメント施設を紹介。月亭八光は「知らなかったです。これらは、これからぐっと伸びていく企業だと思う」と驚愕。

 ジャニーズWESTの神山智洋は「関西発のものが海外でウケているっていうのは誇らしいです」と感想を述べると、藤井流星は「僕らWESTもアメリカでウケたいですね」と夢を語った。

 収録を終えて池上は「この番組のタイトル通り、関西に住んでる人は実は意外に自分たちの町の魅力に気付いていません。この番組を見ることによって、自分たちが住んでいる町の魅力を再発見してほしいと思います」と締めくくった。

「池上彰の関西人が知らないKANSAI」 2020年1月14日(火)午後7時~9時放送 カンテレ(関西ローカル)

次のページへ (2/2) ジャニーズWEST神山智洋&藤井流星も驚き
1 2