人気声優・花澤香菜、「昆虫や動物、無機物まで」演じる上でのポイント明かす

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)のアワードセレモニーが21日、東京・明治神宮会館で行われた。

MCを担当した花澤香菜【写真:ENCOUNT編集部】
MCを担当した花澤香菜【写真:ENCOUNT編集部】

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」アワードセレモニー

 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)のアワードセレモニーが21日、東京・明治神宮会館で行われた。

 人気声優の木村昴と花澤香菜がMCを担当。CGアニメーション部門の発表が終了したところで、木村からアニメ声優の難しさについて問われた花澤は「大人から子ども、昆虫や動物、無機物までやることがある。どの役もちゃんとキャラクターが存在している、リアリティーがないと伝わらない」としながら「楽しいですけどね」とはにかんだ。

 木村が「僕は想像力を大事にしてきたと思います。アフレコは目の前にマイクがあるけど、もっと(マイクの)向こう側の広がっている世界をどれだけ想像できるかがポイント」と自らの考えを明かすと、花澤は「想像力って大事ですよね」と共感していた。木村は「これから声優を目指す方のお手本にもなりたい」と背筋を伸ばしていた。

次のページへ (2/2) 【写真】花澤香菜の別カットと笑顔の木村昴、実際の写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください