大迫勇也と堂安律が明かすオフシーズン中の過ごし方 子どもたちからの質問にも答える

プロサッカー選手の大迫勇也、堂安律が20日、スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」の限定コネクテッドウォッチ「ビッグ・バ ン e UEFA EURO 2020」の発売を記念し、チャリティーイベントに出席した。ゲストとして元サッカー日本代表の前園真聖も参加した。

チャリティーイベントに参加した前園真聖、堂安律、大迫勇也(左から)【写真:ENCOUNT編集部】
チャリティーイベントに参加した前園真聖、堂安律、大迫勇也(左から)【写真:ENCOUNT編集部】

大迫勇也、堂安律が来シーズンの目標を語る

 プロサッカー選手の大迫勇也、堂安律が20日、スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」の限定コネクテッドウォッチ「ビッグ・バ ン e UEFA EURO 2020」の発売を記念し、チャリティーイベントに出席した。ゲストとして元サッカー日本代表の前園真聖も参加した。

 今シーズン、ドイツ・ブンデスリーガ1部でプレーしていた大迫と堂安。振り返った大迫は「個人的にはなかなか厳しいシーズンでしたけど、代表では充実したシーズンでした」とコメント。堂安は、「僕にとってドイツ・ブンデスリーガで新しい挑戦があった1年でしたけど、新しい発見や課題も見つかったので、来シーズンもっと活躍できるようにしたい」と話した。

 司会者からお互いのプレーの印象を聞かれた大迫は「隣に居るので恥ずかしいですけど、この若さで日本代表にも入っているし、ブンデスリーガでもプレーしていて、それが日本代表をレベルアップさせてくれる存在だと思います。僕も切磋琢磨(せっさたくま)して一緒に次のワールドカップに向けて頑張りたいです」と明かした。一方は、堂安は「得点能力は僕が説明するまでもないですけれど、ボールをキープしてくれるのはありがたいですし、僕の良さを引き出してくれる頼もしい先輩です」と感謝。大迫は「たくましい限りなので、お互い結果を出していければ」と笑顔を見せた。

 また、ウブロが、UEFA EURO 2020 サッカー欧州選手権開催にあたり、ポッドキャストを通じてグローバルで展開している「VALUE OF VICTORY」のテーマの中から「Commitment(決意)」について、トークを展開。

“勝利するための決意”について、元日本代表の前園は、「自分の立ち位置としては、日本のサッカー界を応援するのが決意です」と話し、大迫は「僕は勝つためには、すべてをささげるために試合に出ています。日本代表の試合でも常にその覚悟で試合に出場しているので、犠牲を払ってでも勝てるようにと奮い立たせています」と熱弁。堂安は、「もちろん、対戦相手に勝つのも大事ですけど、その中でも準備の段階で自分自身に打ち勝つということが大事だと思っていて、それが僕の決意です。今後の大会でも信念を変えずにいろんなことに挑戦したい」と語った。

次のページへ (2/3) 前園真聖が刺激「こういう場面で一緒にできるのは楽しかった」
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください