永田裕志、カッピング後の背中が「こんなになっちゃった!!」 ファン驚き「強烈」

新日本プロレスの永田裕志が11日に自身のインスタグラムを更新し、カッピング治療を受けたことを報告した。

インスタグラムを更新した永田裕志
インスタグラムを更新した永田裕志

インスタで「カッピングやりました」と報告、背中には多くの真っ青な“円”が…

 新日本プロレスの永田裕志が11日に自身のインスタグラムを更新し、カッピング治療を受けたことを報告した。背中に、多くの後がついた治療後の写真も公開。ファンは「強烈ですね」などと反応している。

 永田は「カッピングやりました」と投稿。そして、「こんなになっちゃった!!」と続けた。投稿した写真は5枚。1枚目はカッピング中の自身の“必死の形相”を撮影したもの。そして2枚目はカッピング中の背中、3枚目以降は治療後の背中が写ったものだ。

 吸い玉療法とも言われるカッピングでは、ガラス容器で吸われた部分の皮膚がうっ血状態になるが、永田の背中にも多くの真っ青な“円”が……。写真でもそれがはっきりと分かる。

 この写真を見たファンは「やばーーー!!」「オセロ対決は黒の勝ち」「強烈ですね」「痛くはないのですか?」「昔、猪木さんもよくやってましたよね。体に気をつけて頑張って下さい!」などとコメント。インパクトのある“画”に驚きを隠せないようだった。

次のページへ (2/2) 永田の背中がカッピングでこんなに…
1 2