千葉雄大、うさぎにモテモテで「大満足です」 笑顔で主演映画PR

俳優の千葉雄大が16日、都内で自身が主演を務める映画「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」(6月25日公開)のイベントに出席し、ウサギ60羽とともに映画をPRした

イベントに登場した千葉雄大【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した千葉雄大【写真:ENCOUNT編集部】

映画「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」で主演務める

 俳優の千葉雄大が16日、都内で自身が主演を務める映画「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」(6月25日公開)のイベントに出席し、ウサギ60羽とともに映画をPRした。

 本作では日本語吹替版の声優として、主人公のウサギ<ピーター>役を前作に引き続いて千葉雄大が、物語の鍵となる都会の地下組織のボス<バーナバス>役を哀川翔がそれぞれ担当。そして、バーナバス率いる地下組織の子分ネズミ<サムエル>役をカジサック(梶原雄太)が務める。

 イベントはウサギ型のステージに緑のカーペットが敷かれた特設エリアで行われ、うさぎ60羽も登場。哀川とのうさぎのエサやり対決では、千葉の足元にうさぎが大集合する一幕も。イベントの感想を聞かれた千葉は「まずは登場してくださったうさぎの皆さん、ありがとうございます」とニッコリ。「(映画を)やっと皆さんにお届けできるのがうれしい。うさぎにも好かれるし、大満足」と声を弾ませた。

 もし映画第3弾があれば今後も吹き替えを担当したいかと聞かれた千葉は「もちろん。違う人になったらショック。各所に根回ししてでも役を手に入れたい」と、役さながらのちょいワルな一面も見せていた。

次のページへ (2/2) 【写真】うさぎにエサやりする千葉雄大のショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください