ラストアイドル・安田愛里 お酒を飲むと…「人にくっつきます。人肌恋しくなっちゃう」

アイドルグループ「ラストアイドル」の安田愛里、モデルで女優の加藤小夏らが9日、東京・四谷の須賀神社に振袖で参拝し、成人祈願を行った。

成人祈願を行った加藤小夏(左)と安田愛里
成人祈願を行った加藤小夏(左)と安田愛里

同じ「サンミュージック」所属の加藤小夏と振袖で成人祈願

 アイドルグループ「ラストアイドル」の安田愛里、モデルで女優の加藤小夏らが9日、東京・四谷の須賀神社に振袖で参拝し、成人祈願を行った。

 昨年6月に20歳になった2人は、ともに大手芸能事務所「サンミュージック」に所属。安田は、秋元康氏がプロデュースするテレビ朝日「ラストアイドル」の初期からの主要メンバーとして活躍、加藤は透明感のある女優としてドラマや映画などで存在感を増している。

「責任感が芽生え始めている」という安田だが、お酒について聞かれると「(飲むと)人にくっつきます。人肌恋しくなっちゃう」と告白。加藤から「気を付けてね」と声をかけられ、「気を付けます」と応じていた。

 恋愛について聞かれた加藤は「(今は)仕事を楽しみたいです」としながらも、「昔は若いお母さんになりたいと思っていたけど、30代くらいで結婚できたらいいかなと思います」と話した。

 一方、安田は「最終目標は結婚なので、結婚をして、ちゃんと1人の女性として、仕事をしながら家庭に入るのが夢。そういうしっかりした女性になれるように“あること”をスタートさせたい」と語った。“あること”については「それは追々、話します」と含みを持たせていた。

 さらに、好みの男性について聞かれた安田は「お父さんみたいな人がすごく好き。家族からも『お父さんみたいな人じゃないと一緒になれないと思う』と言われます。お父さんより強く包容力のある方と出会いたいです」と明かしていた。

次のページへ (2/2) 2人の全身ショット
1 2