向井理「僕らも最後どうなるか知らない」 演者も展開知らない新ドラマの“秘密撮影”を暴露

1月14日から放送スタートの新ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜午後9時)の制作発表会見が9日、都内で行われ、主演の向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗(SixTONES/ジャニーズ Jr.)、佐野史郎、名取裕子、渡部篤郎が出席した。

ドラマ「10の秘密」の制作発表会見に出席した向井理(前列右から2番目)ら
ドラマ「10の秘密」の制作発表会見に出席した向井理(前列右から2番目)ら

1・14放送開始“迷宮のようなサスペンス”ドラマ「10の秘密」 向井理主演、仲間由紀恵・渡部篤郎ら出演

 1月14日から放送スタートの新ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜午後9時)の制作発表会見が9日、都内で行われ、主演の向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗(SixTONES/ジャニーズ Jr.)、佐野史郎、名取裕子、渡部篤郎が出席した。演者にも展開や結末が知らされず、タイトル通り“秘密”のまま進行している撮影のエピソードやドラマへの意気込みについて語った。

 本作は、オリジナル脚本の“迷宮のようなサスペンス”。シングルファザーの主人公・白河圭太は、娘の瞳(山田杏奈)と2人暮らしの建築確認検査員で、一方的に離婚を通告してきた元妻・由貴子(仲間由紀恵)に出て行かれた後は、娘のことだけを考え、理想の父親として瞳となんでも話せる関係を築いてきた。ある日、圭太のもとに、「娘を預かった。命が惜しければ、元妻を探せ――」と電話がかかってくる。娘だけでなく、元妻も姿を消していた。瞳を探すにつれて、別れた妻のセレブな暮らしに隠された秘密ばかりか、何でも知っていると思っていた娘にすら、秘密があることを知ってしまう……といったストーリーだ。

 向井は物語について、「このドラマはタイトルの通りに、たくさんの秘密があって、特に第1話は秘密だらけで混乱して台本を読みました。秘密のない人間はいないという中で、何のためにつく嘘、秘密なのか。誰のためなのか。誰かを守るためなのか、誰かを陥れるためなのか。秘密が少しずつ明らかになる中で、ストーリーや人間関係がめまぐるしく変わっていく、謎が謎を呼ぶ上質なサスペンスです」と表現した。

 昨年から冬場の撮影が続いているというが、「なぜだか裸足のシーンが多くて、しょっちゅう裸足で外を走り回っているので、足の裏がちょっとハードです」と撮影のプチ苦労話を披露。「追う側になったり、追われる側になったり、話が進むにつれて、仲間だと思ったら敵だったり、敵だと思ったら仲間になろうと言われたり、スピード感豊かに話が展開します。僕らも最後どうなるか知らないので、台本をいただいて初めて知る展開だったりするので、楽しみながら現場に来ています」と、意欲をにじませた。

 仲間は「いろんな仕掛け展開がある台本。この『10の秘密』の世界に巻き込まれて楽しんでいただけると思います」と強調した。渡部は「僕も役どころについて知らずに手探りでやっていてちょっと不安なのですが、昨日に完パケを見て、自分の演技を見てやっぱりさすがだなと思った(笑)。オリジナルの作品なので、楽しみながら存分にやれればと思っています」と意気込みを語った。

 新年のスタート。向井は2020年の目標を聞かれると、「基本というか当たり前のことで、健康第一です。それが一番。冬でインフルエンザや風邪が流行っているので、予防しないといけない。それに、不祥事を起こさないように」と話し出すと、すかさず仲間から、「不祥事だけは起こさないでください」と“ツッコミ”が入る場面も。向井は「最後まで見ていただければ、ひとつの作品として満足していただけると思います」と決意を込めた。

 ドラマ「10の秘密」 カンテレ・フジテレビ系1月14日(火)スタート 毎週火曜午後9時~9時54分※初回20分拡大 午後9時~10時14分

次のページへ (2/2) 仲間由紀恵の笑顔ショット
1 2