高橋克典 年末の体調不良から復活宣言!「みんなからのLINEを全部返した」

俳優の高橋克典が8日、都内の飲食チェーン「大戸屋」の店舗でサプライズ1日店長を務めた。

高橋克典が大戸屋のエプロンと帽子の制服姿でサプライズ登場
高橋克典が大戸屋のエプロンと帽子の制服姿でサプライズ登場

高橋克典が「大戸屋」1日店長に就任 年末の歯根痛・目まいなどの体調不良からの完全復活を報告

 俳優の高橋克典が8日、都内の飲食チェーン「大戸屋」の店舗でサプライズ1日店長を務めた。

 1月8日は「大戸屋・定食の日」にあたり、今回、新しいブランドムービーとして高橋が“大戸屋で働き始めて3か月の店員役”で出演したオムニバスドラマが制作された。

 高橋はこの日、エプロンと帽子の制服姿でサプライズ登場し、来店した女性客に定食をサーブ。「久々のバイトです」とおどけてみせて、驚かせた。

 若い頃に飲食店のホールなどでアルバイト経験のあるという高橋は「(来店客に)気付かれてよかった。スルーされていたら終わりだった」と話し、「緊張しました。基本的にサービス業は好きなので楽しいです。若い時は怒られる時もありましたが、思い出して清々しい気持ちです」と笑顔を見せた。

 オムニバスドラマでは、サーブのシーンは緊張しながらの撮影だったといい、「若い頃を思い出してすごくやる気が出ました。僕のバイト時代を思い出して、カメラを前にぼけーっと昔の頃を思い出していたら、『カット』と言われて、それが使われてびっくりしました。あの時代は時給470円が普通でしたから。でも、気持ちがいい。(バイト時代の経験が)基本になっている。その基本がなければ今ここにいないと思う」と感慨深げに話した。

 高橋は昨年末にブログで、12月に入ってから足首の捻挫や左肩・歯根の痛み、吐き気や目まいなどの体調不良が続いていたことを告白していた。体調不良について、「忙しかったこともあり、ただの過労です。食事もちゃんとしていなかったし、睡眠時間も少なかった。55歳の年齢を実感した年末でした。もうすっかり元気です」と完全復活を報告した。

 体調不良になったことで、「基本に戻って食うことから始めたい」と食事の大事さを実感したといい、ブログの反響が大きくなったことについて、「俺疲れたよという感じのぼやきを書いたら騒がれてしまって、みんなから『大丈夫ですか』と連絡が来て。寝ていたんですけど、LINEで全部起こされて、全部返して」と笑って振り返った。

 新年を迎えて、「去年の暮れには私事でいろいろなことがあったので、一から始めたい、いい意味で一からやりたい。清々しい気持ちでいるのでこのようなシチュエーションの仕事をやることができてうれしい」と心機一転の様子だった。大戸屋での次の“アルバイト”オファーについて聞かれると、「いつでも来ます。時給は要相談で(笑)。ぜひお願いします」と笑いを取ることを忘れなかった。

次のページへ (2/2) 高橋克典が「お待たせしました」
1 2