マギー、カスタム費総額1000万円超のGT-R初体感 エンジン音に「やばい。違いすぎる」

「車選びドットコム」は、モデルのマギーがカスタム費総額1000万円超のGT-Rを試乗する動画をYouTubeで公開し、反響を呼んでいる。

マギー、土屋圭市氏、自動車ジャーナリストの工藤貴宏氏(左から)
マギー、土屋圭市氏、自動車ジャーナリストの工藤貴宏氏(左から)

「土屋さんがマギーさんと車でドライブしててタジタジに見えた」

「車選びドットコム」は、モデルのマギーがカスタム費総額1000万円超のGT-Rを試乗する動画をYouTubeで公開し、反響を呼んでいる。

 毎週、ドリキンこと元レーシングドラバーの土屋圭市氏が、旬な車両を解説している。

 今回は、特別企画として自身のYoutubeチャンネル「MAGGY‘s Beauty and the Speed」でも輸入高級車を扱うマギーと初コラボが実現。実は“日本のスポーツカーも大好き”ということで、土屋氏と一緒に日本のスポーツカーの代表格である日産GT-R(R35)を体験した。

 2011年モデルで、カスタム費の総額はなんと1000万円超え。700馬力を誇る。まずは助手席に座ったマギーは「いい音ですね。車高も低い」と絶賛する。

 さらに、国内A級ライセンスも持つマギーが土屋氏を助手席に、GT-Rを乗り回すシーンも。「走り出し気持ちよすぎる。踏んだ感じが違います」「音が全然やばい。違いすぎる」と大興奮。土屋氏と初共演ながら、クルマ好きの2人ならではの掛け合いを見せた。

 また、姉妹メディア「CARPRIME」でも同様に、映画ワイルドスピード・シリーズでおなじみの俳優ポール・ウォーカーさんも来店した、レジェンドチューニングショップ・マインズ(Mine’s)でGT-R(R34)を徹底試乗&解説している。

 マギーは、「普段なかなか国産のスポーツカーに触れる機会がなかったので、わくわくしました!そしてチューニング車は初めてだったのでまた新しい車の魅力を感じることができました。土屋さんの助手席に乗ることもでき、すごく楽しい時間でした。ありがとうございました!」とコメントした。

 ファンからは「車もいいけどマギーが最高」「車分かる女性っていいなあ!」「運転上手でしたね」「マギーさんの腰の位置が高すぎておかしいw」「マギーちゃんスタイル良すぎ」「土屋さんがマギーさんと車でドライブしててタジタジに見えた」「コメントも秀逸だし運転GT-R初めてなのに落ち着いてる」「一生懸命4点式シートベルト着けようとしているのカワイイ」などの声が上がっている。

次のページへ (2/2) 【動画】GT-R(R35)を体験したマギー、実際の動画
1 2
あなたの“気になる”を教えてください