“野人”中西学が引退発表、2・22後楽園ホールが最後「レスラー人生をまっとうしたい」

新日本プロレスは7日、都内で「WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム」の二夜明け会見を行い、中西学選手の引退を発表した。2月22日の後楽園ホール大会が最後の試合になるという。

引退する中西学
引退する中西学

「WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム」の二夜明け会見

 新日本プロレスは7日、都内で「WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム」の二夜明け会見を行い、中西学選手の引退を発表した。2月22日に後楽園ホールで引退試合を行う。

 この日、涙を浮かべながら会見に臨んだ中西は「2020年2月22日後楽園ホールで引退をいたします。首のケガが原因で思うような戦い方ができなくて、このまま続けているよりも、けじめをつけて、いつまでも、昔はあんなことができたと言うよりも、いま自分に残されている、いま自分の中にある熱いものを2月22日までに全部使いきって、見事にレスラー人生をまっとうしたいという思いです」とひと言ずつ噛みしめるように語った。

 中西選手は高校時代からアマレスで活躍。1992年にバルセロナオリンピックに出場し、その年の10月に新日本プロレスからデビューした。強靭な体格を生かしたケタ外れなパワーファイトで、99年に「G1 CLIMAX」優勝。2009年に悲願のIWGPヘビー級王座を獲得した。2011年6月に地元京都での試合で首を負傷。中心性脊髄損傷で長期欠場となったが、2012年10月に奇跡の復活を果たした。

「野人」の愛称で親しまれ、バラエティー番組にも多数出演する。最近は通称「モンスターモーニング」と呼ばれる、ケタ外れなボリュームの朝食の写真を自身のSNSに投稿し、話題となっている。

 新日本プロレスは、オリンピックイヤーとなる今年、真夏の最強戦士決定戦「G1 CLIMAX」を秋に開催することを発表し、10月16日、17日、18日、東京・両国国技館の3連戦でクライマックスを迎える。また「BEST OF THE SUPER Jr.27 ~優勝決定戦~」を、6月6日に大田区総合体育館大会で開催することも発表した。

次のページへ (2/2) 「ホーッ」
1 2