すゑひろがりずの始球式舞台裏 投球ミスもひたすら練習する南條にファンからは絶賛の声

お笑いコンビ「すゑひろがりず」が自身のYouTubeチャンネル「すゑひろがりず局番」を更新。横浜DeNAベイスターズ対オリックス・バファローズ戦で行った始球式の舞台裏密着映像を公開し、話題になっている。

すゑひろがりず【写真:ENCOUNT編集部】
すゑひろがりず【写真:ENCOUNT編集部】

三島は「気合い入りすぎじゃって、空回りするぞお主」と展開を予告

 お笑いコンビ「すゑひろがりず」が自身のYouTubeチャンネル「すゑひろがりず局番」を更新。横浜DeNAベイスターズ対オリックス・バファローズ戦で行った始球式の舞台裏密着映像を公開し、話題になっている。

外車SUVに夢中になった理由とは? “花の82年組”アイドルの華麗なる愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「【神回】初セレモニアルピッチ(始球式)の裏側に完全密着!【大公開】」と題した動画をアップ。25日に横浜スタジアムで行われた始球式の前後を追っている。

 南條庄助の「来ましたぞ、5月25日吉日天気は晴れ、本日ついにすゑひろがりずのセレモニアルピッチの日でございます」から動画がスタート。この日に向けて、電車の移動中も硬球を握りしめ、指先の感覚を養ったというエピソードが語られた。ピッチングによってはドラフトにも関わると話して気合十分の南條に対し、三島達矢「気合入りすぎじゃって、空回りするぞお主」とツッコミを入れた。

 始球式前には、「今日肩が壊れてもいい」ときれいなピッチングフォームでひたすら練習をする南條。「半分の確率でストライクは取れそうです」と意気込んだ。一方三島はピッチングマシンのものまねを披露し、リラックスした様子だった。

 しかし、本番では左バッターの外角高めに大きく外れた投球を披露。始球式を終えた南條は、投球ミスに大きく落ち込んでいる様子で「もう1回やりたいな、マジでもう1回やりたいな。ちょっと申し訳なかったな」と悔しさをかみしめた。そんな落ち込んでいる南條に始球式で使用したベイスターズのマークが入ったグラブがサプライズでプレゼント。すゑひろがりずの2人は「これはもうファンやな」と大喜びした。

 その後、2人は試合を観戦。結果はベイスターズに5本のホームランが出て、10対3でオリックスを投打ともに圧倒、応援隊長としての役目を果たした。

 この投稿にファンからは、「真剣に打ち込む姿は素敵でした!」「ひたすら練習する南條さん、かっこよ」「すゑ様のおかげで快勝」「めちゃくちゃ感動した」「最高のイベントでした」など多くの称賛の声が上がっている。

次のページへ (2/2) 【動画】「真剣に打ち込む姿は素敵でした!」「めちゃくちゃ感動した」と反響...すゑひろがりずが公開した始球式舞台裏
1 2
あなたの“気になる”を教えてください