劇団4ドル50セント「愛があったら…」のMVが公開 劇団員が制作の全てを担当した力作

秋元康プロデュースの演劇集団「劇団4ドル50セント」が、28日に秋元作詞の楽曲「愛があったら…」のミュージックビデオ(MV)を劇団公式のYouTubeチャンネルで公開した。

劇団4ドル50セント「愛があったら…」MV公開
劇団4ドル50セント「愛があったら…」MV公開

2017年8月、劇団の旗揚げに初披露された楽曲

 秋元康プロデュースの演劇集団「劇団4ドル50セント」が、28日に秋元作詞の楽曲「愛があったら…」のミュージックビデオ(MV)を劇団公式のYouTubeチャンネルで公開した。

 本作は同劇団の劇団員が企画から撮影、編集まで全て自分たちだけで行うプロジェクトの一環で、今年2月に公開された第1弾「神様はいない」に続く、第2作目となるMVだ。

「愛があったら…」は2017年8月に上演された劇団の旗揚げ記者発表会で初披露された楽曲。コロナ禍でもファンが気軽に楽しめるコンテンツを届けたいという劇団員の強い思いから、まだ音源化されていない楽曲がMVとなりYouTubeで公開された。

 監督・脚本を務めた劇団員の前田悠雅は「カメラ越しにみんなのお芝居する姿を見て、それだけでもう十分うれしくて、やっぱり私はこの劇団のみんなと作品を作ることをもう一度やりたいんだと思いました」と振り返り、「みんなのお芝居の豊かさと、久道成光(劇団4ドル50セント)の持つ世界観と、あの撮影の日の空気感があったからでき上がったものです。ぜひ、見て、聴いて、その時思い浮かんだ誰かに伝えて、つなぎ合って欲しいです」とコメントしている。

次のページへ (2/2) 【動画】劇団4ドル50セントの劇団員が制作した「愛があったら…」のミュージックビデオ
1 2
あなたの“気になる”を教えてください